FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

小林雄次『ウルトラマン妹』

ウルトラマン妹 (スマッシュ文庫)ウルトラマン妹 (スマッシュ文庫)
小林 雄次 円谷プロダクション

PHP研究所 2012-03-16
売り上げランキング : 178079

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
ジャンヌはまだ勉強中で、一人前のウルトラマンじゃないの。
だから地球の文化を学ぶための研修に来たんだって。まあ、地球人で言うところの留学みたいなもんだよね

兄想いだった妹・月島あかりが、怪獣に襲われて瀕死の重傷!?……と思ったら、ウルトラマンと一心同体になって大復活。中学2年でいきなりウルトラ戦士となったあかりは、地球侵略をたくらむ凶悪な宇宙人の魔の手から、みんなの地球を守るために奮闘する。しかし、一体化したウルトラマン・ジャンヌの能力にも問題があり、絶対絶命の大ピンチに。そんなとき、救いの手を差しのべてくれたのは、あの宇宙警備隊の隊長の……。


 発売前から物議を醸していた円谷プロ公認ライトノベル。著者は特オタにはお馴染み『ULTRASEVEN X』や『牙狼〈GARO〉』でメインライターを務めた小林雄次という気合の入れようです。
 女子中学生が光の国のゆとり世代・ジャンヌと同化したことから始まる本作は、ウルトラマンとなってしまったあかりとその兄で主人公の翔太が繰り広げるコメディ篇。物語の端々にライトなウルトラネタを盛り込みつつ(ゾフィー隊長が頼れる!)、兄妹愛を軸にシュールギャグの世界が展開されます。
 さわりだけ聞くとライトノベルだから「妹もの」なのかと安直なアイディアに思えますが、実はこれ、『ウルトラマンメビウス』第36話「ミライの妹」を観ていると意外と核心を突いた設定のようにも感じられます。かつて地球を訪れたあるウルトラ戦士が地球人の少年と交わした兄弟の約束――それ以来、光の国では「兄弟」という言葉が特別視されるようになりました。つまり、ジャンヌがあかりと翔太の兄妹愛に感化され、彼らを守るためなら光の国を敵に回しても構わないとさえ言ってのける気持ちは至極当然で、それだけで相当な説得力を持っているのです。
 著者が意図してやったことかどうかはさておいて、ライトノベルでウルトラマンを扱うにあたって「兄妹愛」をテーマに掲げたのは素晴らしい選択だった、とウルトラファンとしては称賛したいです。

 ところで「ウルトラマン」というシリーズ自体がそもそも懐の広い作品で、アニメだけ見ても『ザ・ウルトラマン』のような正統派から『ウルトラニャン』、『ウルトラマンキッズ 母をたずねて3000万光年』といったものまで、様々な作風のものが以前から作られてきました。なのでこの『ウルトラマン妹』も決してウルトラシリーズの世界観から逸脱するようなことはなく、きちんとウルトラワールドの1本として成立しています。
 たとえば本作であかりと同化するジャンヌは宇宙警備隊の訓練生見習いという立場ですが、似たようなキャラクターでは既にウルトラマンボーイといった前例があるので違和感はないし、マンガ的なドジっ娘属性もウルトラマンゼロの破天荒さを見ているからすんなりと受け入れられる。さらにいえば『ウルトラ銀河伝説』でいわゆるウルトラ一般人たちが登場しているっため、その延長線上にあるひとりの女性ウルトラマンだと読者が捉える下地もできている。
 そういった意味ではジャンヌとあかり、翔太のやりとりする場面は昨今のウルトラシリーズの流れがあってこそ活きてくるものなのかもしれません。今週末公開の映画『ウルトラマンサーガ』におけるゼロとタイガの関係のように、これからの「ウルトラマン」は人間とウルトラマンのバディものがスタンダードになってくるのかもしれません。

 ただ、まぁ読んでいてこの作品が「ウルトラマン」である必要性をあまり感じなかったのも確かで、そこは残念な部分でした。学校に遅刻しそうになって→変身といったヒーローの力の無駄遣い的な表現は、それこそ「ウルトラ」に限らず既存の作品で使い古されているといっても良いくらいのネタで、いまさら感が拭えない。怪獣を呼び寄せていた元凶にしても特撮ファンならばまず間違いなく『仮面ライダー龍騎』を想起するハズです。
 そのあたりの都合もあり、「萌え×ウルトラマン」の未知なる領域にチャレンジした小説でありながら、独自性を打ち立てられなかった残念さは拭えません。
 同じウルトラ小説だったら、内容的にも小ネタ的にも朱川湊人『ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント』に軍配かなぁ。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析