積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

市井豊『聴き屋の芸術学部祭』

聴き屋の芸術学部祭 (ミステリ・フロンティア)聴き屋の芸術学部祭 (ミステリ・フロンティア)
市井 豊

東京創元社 2012-01-27
売り上げランキング : 377040

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
俺たちの前に立ちふさがっているのは、いったいここで何が起こったのか、という謎なんだよ
生まれついての聴き屋体質の大学生・柏木君が遭遇した四つの難事件。芸術学部祭の最中に作動したスプリンクラーと黒焦げ死体の謎を軽快かつロジカルに描いた表題作をはじめ、結末が欠けた戯曲の謎の解明を演劇部の主演女優から柏木君が強要される「からくりツィスカの余命」、模型部唯一の女子部員渾身の大作を破壊した犯人を不特定多数から絞り込んでゆく「濡れ衣トワイライト」、そして深夜の温泉旅館で二人組の泥棒とともに“いったいここで何が起こったか”を推理する「泥棒たちの挽歌」を収録。


「聴き屋」シリーズ 第1作。
 市井豊のデビュー作で全4篇からなる連作短編集です。内容の方は、昨今流行のちょっと変わった登場人物が様々な謎を解き明かしていくコミカルタッチのミステリで、ゲストを含めて毎話毎話に出てくるキャラの立ち具合が半端ないです。読み終えた後で振り返ってみれば、キャラクターの中で最も印象が薄いのが主人公だったというくらいに強烈でした。
 そんなわけで軽妙な会話とライトなノリに釣られてさらりと読めてしまうのですが、その反面、謎解きはかなりがっしりとした骨太本格になっていて、こと読み応えに関していえば短編集ながら長編4本ぶんに相当するくらいの満足感が得られます。

 特に面白かったのが第4話「泥棒たちの挽歌」。この短編では与えられた情報から被害者が命を落とした状況を導き出すという一風変わった趣向が凝らされており、誰が殺したのかでも、どうやって殺したのかでもなく、どんな事件があったのかを推理するという、普通のミステリではなかなかお目に掛かれない行為をやってのけます。そしてこれが単なる試みで終わらずに、思った以上に上手く嵌まっているから驚きです。伏線が伏線として十二分に張られているので、きちんと正解まで辿り着ける。しかもオチがまた、なんとも微妙な笑いを誘う代物で。
 時代を経るにつれて本格ミステリは閉塞的になっていくどころか、どんどん新しい見せ方を示してくる。こういった短編を最後に持ってきたあたり、著者のチャレンジ精神を感じられます。
 あとがきによると本作はシリーズもので続刊も書かれるようなので、期待して待ちましょう。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析