fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

今月の講談社ノベルス


どうも。久しぶりにものもらい罹って嬉し哀しきな はろーすみすです。
私は眼科医お墨付きの“ものもらいができやすい体質”で、よくものもらうのですが、
最近はあまりなっていなかったので殆ど友人に再会する感覚ですね。

別に変な意味じゃなく、ものもらいの痛みってクセになります。


さて、今月の講談社ノベルスはというと、

1.『アケローンの邪神 天青国方神伝』/高里椎奈
2.『天山の巫女ソニン2 海の孔雀』/菅野雪虫
3.『新装版 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』/麻耶雄嵩



『ソニン』がノベルス落ちで『メルカトル』が復刊なので新作は高里さんのみ。
今年に入ってから文三やる気ないなぁ。

その反動なのか、4月は6点も出るみたいで嬉しい限り。
珍しいことにメフィスト賞応募作がメフィスト賞を獲らずに刊行されるようです。
そういえば座談会でそんな話も出ていたような、いなかったような……。

話を戻して、今月は麻耶雄嵩の購入を要検討です。
麻耶さんは『貴族探偵』しか読んだことがないけれど、
ミステリ読みとしてはやはり押さえておくべき作家ですし。

ただ「メルカトル」シリーズの1冊が、ついこの間集英社から文庫版が出てましたよね?
そうするとそちらのノベルス新装版はおそらく出ないだろうし、
シリーズで集めたとき、本棚が非常に中途半端なことになってしまいます。

――うう、迷う。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析