FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『真夏のオリオン』

真夏のオリオン [Blu-ray]真夏のオリオン [Blu-ray]

VAP,INC(VAP)(D) 2010-03-21
売り上げランキング : 67741

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
オリオンよ、愛する人を導け――
第二次世界大戦末期、沖縄南東海域。日本海軍は、なんとか米軍の本土上陸を食い止めよう最後の潜水艦隊を配置する。その中の一艇「イ-77」の艦長・倉本は、出航前日に恋人の志津子から『真夏のオリオン』と題された楽譜を手渡されていた。そしてこの楽譜は、60年以上もの間、アメリカ軍の艦長が大切に保管されることに。なぜ敵軍の手に渡ったのか――。 (2009年 日本)


 観てきましたよ、『真夏のオリオン』!
 リアリティよりエンターテイメント性に重きを置いた、と侮ることなかれ。その実、描かれているのは、人の心と命の尊さ、戦争の相手も“同じ”人間であるということ。素晴らしい映画でした。
空から見下ろす米戦艦の映像が多少チープに見えたのと、北川景子が無駄に一人二役だったこと(そこは別人で良くない?)が微妙に気になりましたが、それでもいままで見た邦画の中では上の方じゃないかと。

 まずこの映画、ジャンルとしては戦争映画なのですが、派手なシーンはほとんどありません。BGMも抑え目で、始終静かに物語は進みます。
 どぎゃんっ、ばこーんという爆発過多、戦闘シーンに手に汗握りたいという人向けの作品ではないです。勿論、後半の知略を尽くした心理戦も大きな見所ではありますが、それでさえ静かに進む。そう、本当に静かな作品です。これが、潜れば周りが無音に近い“潜水艦”を取り巻く海中の静けさと、イ-77の乗員の心情に重なるわけです。
 この『真夏のオリオン』、他の戦争映画と一線を画すのがこの心情部分なんです。玉木宏演じる倉本艦長らは、この戦争で日本が負けることをわかっているんですね。それは変えられない事実。むしろ敗戦することで少しでも犠牲になる命が減るのなら、早めに“終わらせる”必要が、使命があるといいます。
 なので、イ-77の乗員は敵艦を魚雷で沈めても、安堵こそすれ、歓声を上げる者、喜ぶ者などひとりもいません。相手の艦を沈めるということは、無駄な命を散らすことだから。
 そんなわけだから、艦長は人が乗り込む特攻魚雷『回天』の使用を主張する“操縦士”に余裕の笑顔で“勿体無い”といい、窮地の状況でも飯にしようという。食事とはすなわち“生きている”ということ。“国のために死ぬ”とか、死んだらそれでお終いで、我々は“生きる”ために戦っているのだと。
 そういう考え方を持った日本海軍のとある潜水艦と、それに対峙する一米戦艦の物語です。

 さて、タイトルでもある『真夏のオリオン』
 お互い撃ち合い、殺し合うのが戦争。しかし、それは相手の内面を知らないからできることでもあります。自分と同じように誰かを愛し、考える――そんな相手の心に触れたとき、自分と同じ“人間”が殺し合いの相手だと知ったとき、人は本当に、それまでと同じように非情な手段に訴えられるのか?そのキーとなるのが『真夏のオリオン』という楽曲なんですね。

ラスト、米艦からイ-77へと向けられたメッセージ、不覚にもじんわりしてしまいました。


現在公開中なので、未見の方は是非に。
オススメです。

『真夏のオリオン』 公式HP


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析