積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

古野まほろ『絶海ジェイル Kの悲劇 '94』

絶海ジェイル Kの悲劇’94絶海ジェイル Kの悲劇’94
古野まほろ

光文社 2012-01-18
売り上げランキング : 260629

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
そのとおりだよ公爵閣下
貴様には一箇月の猶予が與えられるが、他の四人はまた別論とする。
すなわち第一週が終了する時点において試験に合格していないときは、
残余の四人のうち任意に撰んだ者が死ぬ。

先の大戦中、赤化華族の疑いをかけられ、獄死したはずの祖父が生きている。そう聞かされた「イエ先輩」こと八重洲家康は絶海の孤島・古尊島を訪れる。しかし、そこにあったものとは……! 隠された孤島。鉄壁の監獄。一望監視獄舎。そして、「ここから脱獄してみろ」という悪意に満ちた挑戦状。空前絶後の脱出劇が開演する!


「イエ先輩シリーズ」第2作。
 祖父が生きているという情報を餌に孤島に誘き出されたイエ先輩とユカ。そこには同じように呼び寄せられた、かつて八重洲清康と共に投獄されていたとされる3人の人物の親族と、脱獄囚唯一の生き残りである大炊御門信郎の姿があった。50年前、赤化華族の全員脱獄事件に責任を感じて自害した当時の刑務所長の孫に脅され、八重洲清康と同一方法での再現脱獄劇を強要されることになった彼らは、一望監視の監獄から果たして無事に抜け出すことができるのか?というのが今回のお話です。

 どうやら「イエ先輩シリーズ」はガジェット満載、超絶トリック炸裂の新本格路線でいくことが確定の模様。絶海の孤島にある一望監視獄からの脱獄手段は相当にトンデモで、たぶん恐らく実現不可能と言われる類のものでしょう。それだけトリッキーでなんじゃこりゃああ!といった方法が採られています。
 でも、このトリックどばーんっ!!のインパクト重視で勝負するのが古き良き新本格の醍醐味ですよね。
 前作でさんざん物議を醸した例のトリックを今作でも変形的に用いて、「いや、できるし!」とゴリ押してくるところには笑いました。

 とある論理矛盾から不可思議な行動をとっている人物を指摘し、そこから行動理由を詰めることで逆説的に過去にあったであろう事件を炙り出していく工程はロジックに拘るまほろならではの見せ方で、犯人指名→事件発覚という通常とは真逆の推理手順になっているのが面白かった。
 ただ、やはりどうあっても“普通の新本格”を脱していないのも確かであり、愉しいは愉しいけれど古野まほろにこういったスタンダードな作品を求めているかというと、ファン的には複雑な心境ではあります。
 まぁだからこそ『天帝』シリーズや『探偵小説』シリーズとは別シリーズにして棲み分けているんだ、と言ってしまえばそれまでなのですが。

 あと至極どうでも良いことなのですけど、どうしても気になってしまった点がひとつあって。井の頭公園のスワンボートにカップルで乗ると別れるって有名だよね……?


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析