積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

相棒 Season 10 第12話「つきすぎている女」


★★★☆☆

"ついてない女"こと月本幸子が刑期を終えて出所。右京に「助けてください」という連絡が入った。出所後、清掃業者に就職。仕事ぶりが評価され外食チェーン社長・間宮の専任家政婦に。その後、寮代わりにと立派なマンションまであてがわれる。料理が店の新商品に採用されるなどし、商品開発担当として正社員に! さらには若くてイケメンの社長・間宮からプロポーズまで……。幸子は「私がこんなについているはずがない」と訴えるが、どうやら右京はスランプに陥っているようだった。


 何これ、ギャグ回すぐるww
 月本幸子三度目の登場となった今回。のっけからどうにも調子の出ない右京さんに何か裏でもあるのかと思いきや、本当にスランプでした。挙句の果てには米沢さんに更年期障害や若年性アルツハイマーを心配される始末で、これがあの杉下右京か、と。まあ人間ですし、いくら名探偵といっても不調なときくらいありますよ。ホームズだって退屈しのぎにコカインを打ってますもん。
 そして、あらすじでさんざん煽られていた驚愕のラスト! いやはや本当に驚愕のラストでした。
 確かに『相棒』という作品は長年続いている割にはレギュラー陣の入れ替えって殆どないんですよね。いままでを振り返ってみても、亀山夫妻がいなくなって神戸くんが加入したくらいです。好きなキャラクターの物語をずっと見ていたいという人は勿論いるだろうけど、レギュラーキャラの離脱と加入があるからこそ、年月を重ねていっている感も大きくなるわけで。

 たとえば『相棒』が目指しているところの海外ドラマなんかだと、Xファイル課にモルダーとスカリーが両方在籍していない時期もあったし、『スタートレック ヴォイジャー』ではケスやセスカが艦を降りてセブンやメゾッティ、ナオミ・ワイルドマンが新しくクルーに加わっている。『CSI:科学捜査班』に至っては主役のグリソッム主任が交代しちゃっていますからね。
 日本でも『相棒』と同枠の『はみだし刑事 情熱系』では、さくらや秋本さんが広域から離れて牧さんや戸倉がレギュラー入りを果たしています。1話1話のクオリティも重要ですが、こういった縦糸に大きな流れがあることでより面白くなるというのが私の意見だったりします。

 向島を差し置いて田村がまたも出張ってきたのには笑った。しかも「こんな俺ですけど待ってて貰えますか?」→「それはムリ」→「ですよねー」の流れで、次回予告が「伝統なんて誰も継ぎたいと思ってないんですよ!」だもの。このテンションの差、明らかにおかしいって!
 事件重視ではない完全にキャラ回でしたが十二分に楽しめました――って、Yahoo!ニュースのトップにまで載ってるってどんだけなの。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析