積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

西尾維新『恋物語』

恋物語 (講談社BOX)恋物語 (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN

講談社 2011-12-21
売り上げランキング : 925

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
だが、なろうと思わなきゃ、なれないものだぜ――神様とか、幸せとかと違って
“片思いをずっと続けられたら――それは両想いよりも幸せだと思わない?” 阿良々木暦を守るため、神様と命の取引をした少女・戦場ケ原ひたぎ。約束の“命日”が迫る冬休み彼女が選んだのは、真っ黒で、最悪の手段だった……。「物語」はその重圧に軋み、捩れ、悲鳴を上げる――。


「化物語」第10作にして 2nd season 最終作。
 んんー? あらすじ詐欺ですか、これは。『囮物語』のラストにて、蛇神様となった千石撫子は阿良々木くんを殺そうとするものの、ひたぎの交渉によってXデーを卒業式の日まで延ばすことを約束します。確かにその通りで間違ってはいません。でもまさか、このあらすじがその出来事を指していただなんて誰が思うでしょう。
 私はてっきり、ひたぎ阿良々木くんを救うために彼の反対を押し切って某かのやばい相手と“契約”を結ぶ話かと……。というかそもそも、片思い云々のセリフですらひたぎのものじゃないですし、事前に受けるイメージとは大きく異なる作品でした。

 そんなわけで、ひたぎが対千石撫子用に講じた最終手段は、自らの仇敵・貝木泥舟に「千石撫子を騙してほしい」と依頼すること。「化物語」2nd season 最終巻は、まさかまさかの貝木泥舟が語り部です。
 『花物語』でほんの少しだけ垣間見えた貝木の意外と義理堅い一面がより掘り下げられ、阿良々木くんと同族ともいえそうなほどの、その人の好さがたっぷりとクローズアップされています。ここらへんの、視点の違いによるキャラクターの掘り下げは 2nd season のテーマではあるのですが、それにしたってヒロインでもサブヒロインでもなく、ましてや女性キャラですらない貝木でやってしまうとは。もう誰の物語が出てきても驚きませんね。

 他人を路傍の石程度にしか考えていなかった千石撫子。無慈悲で冷酷で非情な神様と化し、もはや後戻りのできないところまでいってしまった彼女を最終的に日常のレベルまで引き下げたのは、他人から見れば大したことのないようなほんの小さな恥じらい事で。女子中学生の恋愛話が街ひとつを余裕で滅ぼせる最凶のラスボス誕生に繋がり、最終的にはちっぱけなお悩み相談の構図に落とし込んですべてを解決に持っていく――。デビュー当時から「脱格」だの「セカイ系」だのとさんざん言われてきた西尾維新の最も得意とする作風ではないでしょうか(「なでこスネイク」でのギャグみたいな掛け合いがめちゃくちゃ重要な伏線になっていて吹いたw)
 「天才が多すぎる」「キャラクターが記号」「人間が描けてない」といった批判ももはや過去のものです。西尾維新は本シリーズで記号的なキャラクターを操っていることを重々承知した上で、その中に人間を書き込むという所業を試みているのですから。
 青春×怪異を二本柱とした「化物語」の原初に還った、実にシーズン・フィナーレらしい一作です。

 いましている恋が常にいちばん。思えば、副題が「ひたぎエンド」の割にひたぎの出番が殆どないのは、阿良々木くんと出逢った時点でひたぎはすべての意味で救われて、これ以上描くべきことがなかったからなのかもしれません。

さて、巻末にてファイナル・シーズン3作品の告知がありましたが、扇ちゃんの正体を明かさないでクリフハンガーとか、海外ドラマじゃあるまいし、さすがに引っ張りすぎなんじゃないかい?


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析