積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

相棒 Season 10 第11話「名探偵再登場」


★★★★☆

探偵社を経営している樋本の遺体が発見された。樋本の元妻でかなりの美人の佳美に容疑がかかるが、彼女のアリバイ証言したのがあの私立探偵・矢木だった。矢木は自らをマーロウ矢木と名乗る探偵で、かつて美大生殺害事件で右京らの捜査に割り込んできた男だ。ハードボイルドに憧れ、どこかお調子者。尊はそんなマーロウ矢木とタッグを組むハメになってしまう。


 Season 5 に登場し、絶大なインパクトを残した名キャラクター・マーロウ矢木が再登場。いやはや6年ぶりですよ。抜けているように見えて実は優秀な名探偵といった設定は健在で、全編笑えるにも関わらず謎解きもしっかりしているという何気にハードルの高いことをさらりとやっています。
 尾行されている一般女性が鏡で背後を確認したり、300億の資産を持つ大金持ちが登場したり、どこまでが本気でどこからがギャグなのかわからなくなるような独特の世界観も相変わらずでした。

 右京さんが既に名探偵として存在している中で、さらにゲストをもうひとりの名探偵に見えるように演出するのは、本来であればなかなか難しいことです。しかし、矢木さんの真の目的を右京さんが暴く構図にすることで、互いが互いを食わないレベルで両者を上手く“名探偵”させているところがお見事です。
 加えて、同じ名探偵でも警察と私立探偵では取り得る立場が違うことを明確にしていて、ぶっちゃけ探偵役はひとりで良くない?と視聴者に思わせないんですね。しかもこれは矢木明の初登場回「名探偵登場」から引き継がれているテーマでもある、と。

 相続順云々の話が真相部分に掛かってくるあたりもさすが。何よりも、ちょっと不自然に挿入されたきらいのあるその話題を伏線にして、恐らく多くの人がスルーしていたであろう「300億円のため~」のセリフに矛盾点を見出すロジックには感心しました。
 まったくの埒外にあったものを指摘されたときも確かに驚きはするのですけど、多少引っ掛かりを覚えた部分が解決のための“手順の一”だったと気付かされたときの悔しさは段違いですね。完敗。

次週は月本幸子が三度目の登場。公式ページのあらすじからして迷篇になりそうな予感ぷんぷんです。
驚愕のラストってまさか、禁じ手の夢オチPart2とかじゃないですよね……?


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析