FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『ICHI』

ICHI [Blu-ray]ICHI [Blu-ray]

ジェネオン エンタテインメント 2009-04-03
売り上げランキング : 45002

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
何斬るかわかんないよ、見えないんだからさ。
三味線を手に1人で旅をする盲目の女旅芸人・市は、チンピラとのいざこざの中で浪人・藤平十馬と出会う。十馬は市を助けようとするものの手が震えて刀を抜けない。そんな時市は仕込み杖を一閃し、チンピラをあっさり倒してしまう。その後2人はとある宿場町へとたどり着く。そこは街を仕切る白川組と町外れに根城を構える万鬼一党が抗争を繰り返す場所で、市と十馬も抗争に巻き込まれてしまい……。 (2008年 日本)


新年に地上波放送があったので録画視聴。
 私は普段時代劇を見ない人間なので勝新太郎の本家『座頭市』も観たことはないけれど、この『ICHI』と『座頭市』を比べてどうの~って発想はそもそも間違いでしょう。本作はあくまでも“盲目の剣士”というアイディアを間借りしただけの別物。さらにいえば時代考証に気を配ったガチの時代劇ですらなくて、要するにここで表現されているのは『いつわりびと◆空◆』や『常住戦陣!! ムシブギョー』のような(サンデー派なもので)少年漫画的なノリで展開される時代劇なわけです。
 なので殺陣のシーンにスローモーション演出を持ち込んだり、血しぶきをCGで見せるのも全然アリだし、窪塚洋介演じる虎次がヤンキーみたいなたるい喋り方のキャラだったり、全編を通して現代語まるまんまで会話していたりしても何らおかしくはない。極端な話、「うぜぇ」とか「つーか」なんて言葉が劇中に出てきたって許されると思うくらいです。
 市が髪の毛サラサラで身綺麗すぎるのだって、彼女を主役としたヒーロー譚なのだから当然っちゃあ当然のこと。

 そこらへんの理解を履き違えると、この作品はつまらないものになってしまいます。逆にいえば、この世界観を受け入れて観るとこれがなかなか楽しめる。鑑賞前に地雷映画だろ、とか内心バカにしていてすみませんでした。
 瞳を動かさないばかりか瞬きすらしない綾瀬はるかは本当にすごかった。観ていて“市の目が見えない”ことがはっきりと伝わってくる。
 逆にダメダメだったのは十馬関連の設定ですね。刀が抜けないのはわかっているのだから、せめて木刀を持って闘うだとか色々と方法はあるだろうに。命の掛かった状況でそれはない。それとも、どうあっても刀を手放せないのが武士としてのプライドだったりするのかしら。
 十馬のトラウマを生んだ出来事の回想シーンもなんだかなぁ。アレじゃあ、ギャグにしか見えないって。思わず笑っちゃったもの。十馬についての脚本と演出をもうちょっと練ってやっていれば、もっと良い作品になれた気がします。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析