積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ドラマ総評:『ランナウェイ~愛する君のために』

ランナウェイ~愛する君のために DVD-BOXランナウェイ~愛する君のために DVD-BOX

TCエンタテインメント 2012-03-16
売り上げランキング : 560

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
“ある事件”がきっかけで九州北刑務所に収監された葛城アタルは恋人の由紀からの連絡で、彼女との間に生まれた娘が重い心臓病に侵されたと知り、脱走を決意する。そして、ひょんなことから河島龍之介・滝本空哉・加賀美瞬の3人の仲間が脱走計画に加わることに。彼らは理由や経緯は異なるものの、実は全員無実。4人にはそれぞれ退所時期を待つことが出来ない理由があり、その想いから一刻も早くこの“檻”から脱出しなければならなかったのだ。福岡県警の鬼塚に追われる中、彼らは逃げ込んだ民家で親から虐待を受けている少女・サクラと出会う。一方、5年前にアタルの事件を担当していた定年退職の元刑事・柳川が疑念を抱き、再び捜査を開始する。それぞれの目的を成し遂げるために、北九州から1,000キロも離れた東京を目指す旅が始まる……。全9話。


 面白かった。脱獄ものといっても『プリズン・ブレイク』のような作品が日本で作れるわけもなく、そこは日本人お得意の愛情と友情と人情を中心に据えた1話完結スタイルにしたことで上手く差別化できていました。最初は居合わせただけだった脱獄囚たちは時に裏切り、衝突し、最終的にサクラを含めた5人は掛け替えのない仲間になっていく。ベタながらこれが良い! 特に後半戦の、仲間のために不利な立場も顧みずに動く彼らの姿には完全にやられます。熱い! 熱いよ!! やっぱり市原くんにはこういう役がぴったりだわ。
 九州から東京を目指して徐々に北上していくロードムービーということでスケール感も充分。展開もスリリングでサスペンス部分も頑張っています。

 感心したのは現代日本での脱獄劇としてツイッター等のネットツールが用いられていること。脱獄犯がツイッター実況なんて馬鹿さ加減にも程がある、と最初の頃こそは思っていましたが、これが逃亡の上で思いの外役に立っている。発信源を悟られたケータイを無関係の車に載せて陽動作戦というのはよく目にするパターンですけど、Twitterを通して無実を訴え、それが世論を動かしたり「datsugoku4」のフォロワーが行く先々で逃亡者となったアタルたちの手助けをしてくれるといった使い方はこれまでになかったものではないでしょうか。
 サクラが福岡に戻され、脱獄囚全員が捕まった後でPANDAさんが打った一手もいかにもイマドキかつ効果的でそのリアクションと結果に対しても説得力があります。決して爽快なだけではないほろ苦さが残る各人の行く末も、安易なハッピーエンドで終わらせないというスタッフの気概が見えました。
 実を言うと8話の立て籠もり→脱走のくだりとか涙腺が結構危うかったんだ……。犯人は動機含めて行動すべてがクソでしたけどね!


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析