fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ムック『仮面ライダーオーズ/OOO 公式読本 ~OOO INFINITY~』

仮面ライダーオーズ / OOO 公式読本 ~OOO INFINITY~ (グライドメディアムック)仮面ライダーオーズ / OOO 公式読本 ~OOO INFINITY~ (グライドメディアムック)
東映

グライドメディア 2011-10-05
売り上げランキング : 139953

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
――ウヴァとは思えない爽やかなコメントをありがとうございます。
無限に謳う、「欲望」という名の人間賛歌。
「仮面ライダーオーズ/OOO」の1年を、関係者の濃厚証言で完全凝縮パック!!


 今年も出ました『仮面ライダーオーズ/OOO』の公式読本。予め誤解のないように断っておくと、細かいところまで行き届いた質の高いガイドブックではあるのです。が、前年度の『仮面ライダーW 公式読本 "W"』とボリュームはそう変わらないはずなのに内容の満足度としてはやや下回るものがありました。
 『オーズ/OOO』は私の中で『キバ』に次いで気に入っている平成ライダーで、端的にいってこれは思い入れの違いです。愛ゆえにもっともっと語ってほしかったというか。各話解説やメズールの声をアテたゆかなのインタビューも読みたかったです。

 そして『ノブナガの野望』『レッツゴー仮面ライダー』と本編間の設定の齟齬についての意見がいちばん聞きたかったので、それが載っていなのは個人的にはマイナスですね。平成ライダーの劇場版に蔓延している繋げられるのに繋げない、結果としてパラレル化に対して製作側がどう考えているのか。そのスタンスを一度徹底的に語らせる場は絶対に必要です。
 例えば『ノブナガの野望』であれば百歩譲って脚本執筆当時はキャラや設定が固まっていなかったからある程度のブレは仕方なかったとはいえ、その後テレビシリーズを進行していく上ですり合わせていくのは当然の仕事でしょう。ギルって何ぞやというところから始まって、こじつけでも良いからそれなりに補完できる形で少なくとも完全に破綻するようなことは避けなきゃいけない。それが「ライダー映画はパラレル設定」をさも当然のように観客側に押し付けるのは間違いってものです。そういった突っ込んだ部分は無視して綺麗なところだけ語られてもいまいち消化不良ですってば。

 それはともかく、興味深かったのは比奈ちゃんと映司を恋愛関係にしちゃうと途端に安っぽくなってしまうという話。見ている限りじゃ恋愛方向に針を振ってもおかしくないと思っていたのですが、製作側としてはそれはどうしても避けたかったようで。アンクと映司の関係もそう。愛情とか友情を超えた部分にある絆――それが『オーズ/OOO』のすべてだった、と。なるほどねぇ。
 クリーチャーデザインの裏話は今年も興味深かったです。欲望のイメージを“手”に変換して、それをヤミーの造形の中に落とし込んでいたなど、放送だけではぱっと見わからないような拘りが語られているのが良かったです。
 それとウヴァ役の山田さんのインタビューは爆笑ものでした。インタビュアーといい、役者さんといい、いくらなんでもボロクソに言いすぎだろ! いやぁウヴァさん、愛されてるなー


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析