FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

北山猛邦『猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数』

猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数 (講談社ノベルス)猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数 (講談社ノベルス)
北山 猛邦

講談社 2011-12-07
売り上げランキング : 156328

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
いのちだいじに!
犯人を捕まえるのはあとでいいんです。まずは無事にこの島を出ることが大事です。

日本で唯一、探偵助手に関する技能と実戦を学べる、大東亜帝国大学・探偵助手学部。そこに通う2年生、君橋と月々の気分はどん底だった。名門ゼミ入り審査に落ち、悪ふざけで希望を出した知名度ゼロの猫柳ゼミ行きが決まったから。そう、指導教官は功績不明かつ頼りなさげな女探偵・猫柳十一弦。彼女の下では立派な探偵助手になれないのか(涙)? だが名門ゼミとの合同研修が決まり、人生大逆転をめざし孤島の館へ。その合宿中、奇怪な殺人事件が発生する。


某紀伊國屋書店にてサイン本 ゲットだぜ! ヤッターー(マシ・オカ風に)
 25歳にして名探偵号を持つ女教授・猫柳十一弦が身体を張って傷ついて、満身創痍になりながらも連続殺人事件阻止に奔走する孤島ミステリ。弱気ながらも芯は強くて誰よりも人を救いたい名探偵と、それを支える助手ふたりのキャラクターが抜群に良く、読んでいてとにかく楽しかった。是非ともシリーズ化してほしいですね。
 ミステリとしては極めてシンプルな孤島もので、ミッシング・リンクによって浮かび上がる犯行方法の意図するところは意外ではあるものの、謎解きそれ自体が飛び抜けて素晴らしいということはありません。しかし、この作品の書かれた意義はそれとはまた別の部分にあります。

 いまや誰もがケータイを持っていて、孤島であってもインターネット環境に容易にアクセスできるようになったこの現代。孤島が孤島であり、館が館であり、山荘が山荘である必要性は既に薄れ、厳密な意味でのクローズド・サークルはもはや殆ど実現不可能です。そういった流れの中で既に過去のものとなりつつある新本格がこれからのミステリの中でどう在るべきなのか、その進むべき指針を示してみせたのが本作だと思います。
 また、これまでにもミステリは、名探偵が連続殺人があらかた終わった後で「はじめから犯人はわかっていました」なんて滔々と語り出すパターンを揶揄されることもありましたが、まさしくそのとおり。そういった時代はもう終わったし、いつまでもそこに留まっていちゃいけないんです。本作の探偵役を務める猫柳十一弦と彼女の信条、行動こそがいわゆる名探偵像に対するひとつの解答なのではないでしょうか。

 従来までのオーソドックスなミステリを踏襲しながらも新しい時代の探偵小説を目指す。その点が評価されれば、来年度本ミス20位圏内も或いはあり得るかもしれません。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析