fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

三上延『ビブリア古書堂の事件手帖(2) ~栞子さんと謎めく日常~』

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
三上 延

アスキー・メディアワークス 2011-10-25
売り上げランキング : 9823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
わたしが言いたいのは、幸せになってねってこと。
わたしと付き合ってたことは、寄り道だと思えばいいんだから
……大輔くんが本当に好きな人とうまくいくように、わたし祈ってるから。

鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。変わらないことも一つある―それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あるときは優しく紐解いていき――。


「ビブリア古書堂の事件手帖」第2作。
 ジャンル外作家にして今年度本ミス第27位、『本格ミステリー・ワールド2012』“読者に勧める 黄金の本格ミステリー”選出の快挙を成し遂げた2011年のダークホース、「ビブリア古書堂」の第2巻。
 前作で見られたような探偵小説らしさは薄れているものの、相変わらず謎解きのクオリティが高いです。第一話「アントニイ・バージェス『時計じかけのオレンジ』(ハヤカワNV文庫)」のスリップの件なんて普通は軽く読み流している部分だろうに、そういった部分にごくごく自然に伏線を仕込んでくるあたり“ミステリ作家として”の著者の実力は本物といえるでしょう。
 作中に1巻の表紙イラストそのまんまの絵画を登場させ、このシリーズ自体が大輔=ワトスン役の書き綴った事件録という形式になっているのもミステリ心をくすぐります。

 大ヒットを受けてめでたくシリーズ化も決まり、それに伴って栞子さんの母親の謎や結婚はしない宣言など今後を引っ張っていく要素も提示されましたが、無理に連続性を持たせる作劇にはせず、のんびりのほほんと続けていってくれても良かったのにな、と思わなくもなかったり。
 読者カードのアンケート項目を見るとドラマ化も睨んでいそうな雰囲気ですね。どちらかといえばフジのノイタミナ枠でアニメ化する方が合っていそうな感じではありますけど。


スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

あたたかい雰囲気の文学ミステリですよね。
次はどんな本の話で、どんな人間関係が展開されていくのか楽しみです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
  • posted by 藍色 
  • URL 
  • 2014.08/12 17:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

トラックバックありがとうございます。返させて頂きました。
『ビブリア古書堂』もすっかり有名になっちゃいましたねえ、とこの頃の記事を見てしみじみしたり。
  • posted by はろーすみす 
  • URL 
  • 2014.08/26 23:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)」三上延

鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。変わらないことも一つある―それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あると...

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析