fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

全民煕『ルーンの子供たち 冬の剣(6)』

ルーンの子供たち 冬の剣6 (Next novels)ルーンの子供たち 冬の剣6 (Next novels)
ジョン・ミンヒ ゆーげん

宙出版 2011-08-19
売り上げランキング : 75197

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
一日も早くぼくのことを忘れてください。でも、ぼくは司祭のことを忘れません。
シルバースカル大会で優勝を手にし、“月の島”へ戻ったボリスは、栄誉ある爵位を与えられる。周囲から注がれる期待と嫉妬に苦悩するボリス。――「今度はどこへ行けばいいのか」。そんな時、ボリスは、伝説の“いにしえの王国”と“月の島”を繋ぐ隠された真実を知ることとなり――。


「ルーンの子供たち 冬の剣」第6作。
 前巻でシルバースカル大会も無事終了し、今回メインとなるのはオイジス暴行事件と蔵書館焼失事件。残すところあと1冊なのに復活したイェーフネンや追っ手等々の本筋がまったく絡んでこないのには驚きます。このペースで本当にちゃんと完結できるのか心配になってきた。いや、親本があるから一応まとまってはいるハズですが、そこはかとなく心配してしまう。

 シルバースカル大会の優勝によって島の住人からはさらに近寄り難い存在となったボリス。しかしエキオンを始めとした一部のスコーリの生徒からは当然の如く反感を買うことなり、その怒りの矛先は弱者であるオイジスへと向かいます。オイジスを襲った連中が悪いのは明白ですけれど、約束をすっぽかしたり友人にすべてを話さなかったボリスにも相当程度罪はあると思います。結局のところボリスの考え方は未だに狭量で他人を心の底から信用するということができていないんですよね。オイジスに対しても決して対等な友達関係には見ていない。
 それに対してヘクトルがここに来てかなり良いキャラに育ってきました。シルバースカル大会で敗北したこと、ボリスと闘えなかったことに執着するでもなく、心も穏やかにどこか悟ったような態度ですらあります。かつてボリスに嫉妬心を燃やし、亡き者にしようとした愚かな少年はもういません。ボリスも早く彼に追いついてほしいものです。

 リリオペと摂政閣下とのひと悶着を経てボリスは島から追放されることとなり、いよいよ物語も大詰めです。とりあえずイソレットとヘクトルとの再会はあるにしても、はてさてどうなることやら。少なくとも現段階ではハッピーエンドの訪れる気配がまったくしないのですが。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析