FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

真梨幸子『パリ黙示録 1768 娼婦ジャンヌ・テスタル殺人事件』

パリ黙示録 1768 娼婦ジャンヌ・テスタル殺人事件パリ黙示録 1768 娼婦ジャンヌ・テスタル殺人事件
真梨幸子

徳間書店 2011-08-26
売り上げランキング : 490329

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
君は、本当にバカだな。考えるから、苦しみが生まれるんだよ。
はじめから考えなければ、苦しむこともない

フランス革命の二十一年前。ルイ十五世治下のパリは、すでに革命の予兆を孕んでいた。貴族の醜聞を喜ぶパリ市民たち。訴訟趣意書を大きく脚色して儲ける印刷業者たち。とりわけ人々が喜ぶのは、若く美しき貴公子・サド侯爵の醜聞だ。そのサド侯爵が新たな暴行事件で訴えられた日。セーヌ河畔で最初の醜聞の相手であった娼婦ジャンヌが惨殺死体で発見された。あまりにも残忍な殺人を犯したのは、あのサド侯爵なのか? パリ警察でただひとり、放蕩貴族の監視を任務とする私服警部ルイ・マレーが捜査で出会う「悪」の姿とは……。


 18世紀パリを舞台に、娼婦惨殺事件の謎を解き明かすミステリ。死んだ娼婦が貴族のサド侯爵と浅からぬ因縁があったため、スキャンダルの揉み消しを担当するマレー警部が早急に事件を調べることになります。
 この時代のパリは人も環境もとにかく腐りきっている。糞尿が積もり、ぬかるみを作る街路。貴族の恥を話のタネにする民衆。金で買われる権力。当時の風俗とフランス革命前のパリを包み込む異様な空気、綻びを見せる社会制度がジャンヌ・テスタル殺害事件の真相に直結してきます。身体の各部を傷付けられ、切り取り抉られたジャンヌ・テスタルの死体から浮かんでくる事実は、現代の倫理観からするとまず考えられないような代物なのですが、それだけのことが何の問題もなく成り立ってしまい、尚且つ日常茶飯事とばかりに流されてしまうところはもはや狂気としか表言いようがありません。

 推理してどうこうなるタイプの真相ではないこともあり、いざ明らかにされると些か拍子抜けな感があるのは事実です。しかし、ジャンヌ・テスタルというひとりの娼婦の死を描くことで当時のパリがいかに堕ち切っていたのかを悟らせる図式こそ本書の真骨頂。最後のどんでん返しも本格らしくて良かったです。
 それにしてもこの“操り”はなんというか……セカイ系? 下手に実在人物と非実在キャラがない交ぜになっている作風だけに例の発言には拒否反応が出る人もいるかも――いや、そういう人は表紙がイラストな時点で敬遠するのかな。私はぞくりと来て結構好きなのですけど。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析