積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ドラマ総評:『ブルドクター』

ブルドクター [DVD]ブルドクター [DVD]

バップ 2011-11-23
売り上げランキング : 11967

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
“人間が受ける最後の医療”とも言われる「死因究明」。アメリカ留学から帰国し、上都大学法医学教室の准教授に就任した女性法医学者・大達珠実は周囲の人々とのトラブルを恐れずに、強い信念を持って突き進む、ブルドーザーのような「最強の女」でありながら、家庭では家事や子育てに四苦八苦しちゃうような、等身大の母親。法医学者の珠実と刑事である釜津田知佳のふたりが時に衝突しながらも協力し「闇に葬り去られようとしている多くの真実」に切り込んでいく。全11話。


 結構前からアニメの新番組はチェックしなくなっていたのですが、最近はドラマの方もあまり観なくなって本格的にテレビ離れが進んでいます。今クール、視聴していたのはこの『ブルドクター』と『新・警視庁捜査一課9係 season 3』のみ。惹かれるようなドラマが少なくなったのか、はたまたテレビ自体に関心がなくなってきたのか……。

 法医学による死因究明をテーマにした事件ものでありつつも、大達先生と釜津田が毎回繰り広げる女のバトルと捻くれた友情をメインに据え、子供や夫とのやりとりで働く女性を主役にしたホームドラマ的な側面、縦軸にサスペンス要素を持たせたところが本作最大の特徴です。いくつものジャンルを跨いだ作風にしたことで幅広い視聴者層に訴え掛けられる。ううむ、よく考えられておる。
 各々のエピソードも単純に謎解きをしてはい終わりという定型に拘ることなく、回によってはウイルス・パニックのような変化球を入れてくるなど、その振り幅も良い意味で大きいです。普段は憎まれ口を叩き合っている仲の大達先生と釜津田がそれらの事件をコンビプレーで解決していったり、ここぞというときの恋の悩みや家庭の不和を相談したりと他の誰よりも心を開いているのが面白く、もっと素直になれば良いのになんて感じつつも、そんなふたりのやりとりをにやにやしながら見守ってやるのが本作の正しい鑑賞法でしょう。

 話の運び方がわりかし読めやすかったり、江角さんが猪突猛進すぎて周りが見えていなさすぎたり、最終話の歌舞伎の件は調子乗っちゃっただろ、とかまあ色々と考えないこともないのですけれど、全体ととしては法医学でわかること、法医学に伴う危険性、法医学の孕む問題点を手を替え品を替え、軽いタッチで見せてくれる良作だったと思います。


スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

初めまして。
めいこと云います。

ブルドクター、結構スキでしたw
そして、
私もミステリー大好きです。
東野圭吾さんの、「マスカレード・ホテル」は、
お読みになられましたか?
すごいですよ!!!
とにかくこの一言ですね。

ぜひ、読んでみて下さい^^
  • posted by めいこ 
  • URL 
  • 2011.09/30 22:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

はじめまして、コメントありがとうございます。

釜津田と大達先生の意地の張り合いは観ていて楽しかったですね。
事件そのものよりも毎週そっちの方に期待していましたw

申し訳ないのですが、東野圭吾は文体があまり好きではないのでチェックしていないです。映像化されたものだと『新参者』『赤い指』『探偵倶楽部』『容疑者Xの献身』あたりを観たことがあるのですが。
ドラマ化されたら観ると思うので、それまで待っておくことにします。
  • posted by はろーすみす 
  • URL 
  • 2011.10/01 00:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析