fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

西尾維新『刀語 第十一話 毒刀・鍍』

刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX)刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX)
西尾 維新 竹

講談社 2007-11-02
売り上げランキング : 154519

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
刀集めの旅が終われば
そなたとふたりで、そのあたりを旅してみるのも面白いかもしれぬな

伝説の刀蒐集完了まで残りあと二本!!毒刀『鍍』を手にした真庭鳳凰は触れるもの全てを斬殺する殺意の化身と化し、真庭忍軍の本拠地“新・真庭の里”に向かう。虚刀流・鑢七花と奇策士・とがめも、鳳凰と刀を追い、伊賀の山中へ!血塗れた里にひとり佇む鳳凰から告げられる、“乱世”を貫く壮大な秘密とは―!?


『刀語』第11作。
やめてええぇぇぇっ!
とがめさん、すべてのセリフからそこはかとなく死亡フラグの匂いが……

そんなこんなで第11話です。とうとう来ちゃいましたね、ここまで。
あらすじにもあるとおり、変体刀の秘密、そして「“乱世”を貫く壮大な秘密」とやらがついに明かされます。

(以下ネタバレ)



 これは完全に想定外。まさか西尾維新、こんなことまで考えていたとは……恐るべし。『微刀・釵』の否定姫のセリフがここに繋がってくるわけですね、その出自と共に。
 否定姫はてっきりタイムトラベラーかと思っていたのに!

 まさか予知能力者による時間改変と、その影響によって歴史が歪められた世界だったとは。まるで新作『スター・トレック』。ま、ノストラダムスも何百年も先が予知できたっていうしね。有り得なくはない(まぁノストラダムスとか信じてないですけど)
 
 で、変体刀は予見した未来の技術を用いた日本刀、と。少なくとも刀じゃないのがいくつか混じってますけど。なるほどなるほど。
――というか、この設定はすごく面白い!

 しかし。このシリーズ、いままで和風異世界トンデモバトルと決め付けてました。すみません。
 思えば、一話目を読んだとき“西尾維新初の時代小説”というコピーに踊らされ、正統派時代物かと思ってページをめくれば、幕府の位置はおかしいし、登場人物は時代物らしからぬ喋り方だし。「これはありえん」とか思いながら読んでましたよ。おかげでいま考えるとミステリ的にハイレベル(だと個人的には思う)『絶刀・鉋』はいまいち楽しめず、これはもう異世界なんだと割り切って読むことにしたわけですよ。
 でも、それを和風異世界モノと割り切ることで徐々に馴染んでいったわけで。それが全然異世界じゃなかったという驚愕の事実。確かにこれは“時代小説”。ただし、歴史が改変されているだけで(ここ、傍点付きで)
 看板に偽りなしだったわけですね。
 完全に読み方を誤ってました。そして西尾維新という作家を見くびってました。SFもいけるとは。

 そんなわけで今回は納得も納得。お腹いっぱいです。


しかし、真庭忍軍のかませっぷりは非道い。総頭領なのに、鳳凰……
これも時代の流れと没落忍軍の運命か、、、

残るは一冊。
とがめと七花に幸福な結末が訪れんことを。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析