積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(9)』

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9 (電撃文庫 ふ 8-14)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9 (電撃文庫 ふ 8-14)
伏見 つかさ かんざき ひろ

アスキーメディアワークス 2011-09-10
売り上げランキング : 20113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
そ、そんなのあたしだってエロゲー買ってきてもらったもん!
しかも終電に間に合わなくて、でも朝まで待てなくて、あいつ親切な人に痛チャリ借りて、
アキバから千葉まで走って帰ってきたんだよ――チョー大好きなあたしのために!
凄くない? 超シスコンじゃない?

あのルリ姉に――好きな人ぉ? どーせ脳内彼氏でしょ? 8巻の顛末を黒猫の妹・日向の視点から描いた『あたしの姉が電波で乙女で聖なる天使』。腐女子の妹を「世界一可愛い」と豪語する、もうひとつの"残念な兄妹"の物語『俺の妹はこんなに可愛い』。いくつもの"顔"を持つ沙織・バジーナの"ルーツ"に迫る『カメレオンドーター』。桐乃に"トラウマ"を植えつけた瀬菜の恐るべき行動とは?『突撃 乙女ロード!』。お兄さんが彼女と別れたのって、もしかして……私のせい? あやせのフクザツな乙女心と、加奈子のライブ楽屋裏の一幕『過ちのダークエンジェル』。ほか『真夜中のガールズトーク』『妹のウエディングドレス』2本を収録! さらにはアニメOP主題歌を担当した「ClariS」とのコラボが実現! 原作の主題歌『nexus』の発売や、作中に「ClariS」の二人が登場するなど驚き満載の特別編!!


「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第9作。
 桐乃にフリフリの服は似合わないって!というのが第一感想です。
 「俺妹」3rd ステージは戦後処理からスタート。前作最後で一応の解決を見たとはいえ、色んなところがとっちらかったままですからね。視点を京介から別のキャラクターに移して、既刊の裏話+新規エピソードの短編集に纏め上げられています。主人公が関知しないところでも様々な想いが行き交い、物語をつくる。わが座右の銘は“どんな脇役・端役にもその人の物語がある”なので、こういったアプローチの仕方はかなり好みだったり。

 一篇目から黒猫が普通に痛い姉扱いされているところに泣けてきます。脳内彼氏と恋愛しているだなんて酷い言われようですが、そんなお姉ちゃんを誰よりも理解し、心配しつつ見守っているのもまた日向で。「堕天聖の追憶」でもそうでしたけど日向は本当に良い娘だよなぁ。
 しかし今回もっとも注目すべきはあやせパートの「過ちのダークエンジェル」でしょう。というのも「俺妹」の中でいちばん描き切れていないキャラがあやせだと思うんです。あやせはどうやら京介のことを好きらしいのだけど、その一方で着信拒否とか普通にしている。ここがいまいち解せない点で、あやせの心情は私の中では最大の謎でした。その謎も今巻でようやく解けました。これまでの支離滅裂気味の言動は自分の感情に気付いてないパターンだったからなんですね。なるほどなるほど。
 ついでに加奈子にまでフラグ立てしちゃって、最初の短編からして黒猫ルート確定なのにこれ以上ハーレム化を促進させるのはちょっとどうなんだろうか。個人的には好ましくない方向性です。

 収録作のうち特に笑ったのが高坂・赤城両兄妹によるシスコン&ブラコン対決が炸裂の「俺の妹はこんなに可愛い」「突撃 乙女ロード!」。みんな暴走しすぎだろ! 京介の方は相変わらずの溺愛っぷりですが、瀬菜が完全に引いているにも関わらずお兄ちゃんラブを隠そうともしない桐乃がやばい。語尾が「~もん!」って。どんだけ好きなんだよ、と。興奮して熱弁を奮う嬉しそうな桐乃の顔が目に浮かびます。

 「ClariS」を小説内に出したり、原作テーマソングを作ったり、作中時間を殆ど進めなかったりと大きな山をふたつ越えてもまだまだ続きそうな本シリーズ。次巻も楽しみです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析