積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ほしおさなえ『夏草のフーガ』

夏草のフーガ夏草のフーガ
ほしおさなえ

幻冬舎 2011-07-07
売り上げランキング : 673893

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
家族ってなんなんだろうなあ。おたがい、ほんとうに大切なところはなにも知らないのかもしれない
母親とふたりで暮らす夏草は、祖母と同じ私立中学に通うことが憧れだった。願いはかない合格したものの、喜んでくれるはずの祖母は突然倒れ、目を覚ますと、自分を中学一年生だと言い張るようになる。一方、クラス内の事件をきっかけに学校を休みがちになった夏草は、中学生になりきった祖母と過ごす時間が増え、ふと、祖母が以前、口にした「わたしは罪をおかした」という言葉を思い出す。いつもやさしかった祖母の罪とはなんだったのか……? 互いのなかに見知らぬ闇を見たあと、家族は再び信じ合えるのか?


 同作者の『空き家課まぼろし譚』がいわゆる本格ミステリではなかったのでそちらの方面を期待して読んだのではないのですが、それにしたって“感動長編ミステリー”は看板に偽りアリというか。さすがにこの内容だと“広義のミステリ”からも外れていると思うんだ。前に『日経おとなのOFF』に掲載されていたミステリ本ランキングに辻村深月の『オーダーメイド殺人クラブ』が入っていたことといい、ちょっとごっちゃにしすぎだよなぁ。

 主人公は中学一年生の夏草(なつくさ)。女の子で四文字名! 霧舎巧も言っているように植物名以外で女の子の四文字名は相当珍しいですからね。それ故にまず馴染ませるところから始めなくてならない。“あり得る名前”と思わせることがなかなか難しい四文字名でありながら、「夏草」のネーミングは微塵の違和感も感じさせません。名前フェチとしてはこの時点で既に、内容関係なしに大歓喜でした。
 本作はそんな夏草とお母さん、お祖母ちゃんの三世代に渡る物語です。それぞれの中一時代に体験した出来事が母から子へ、そして孫の代へと連なってひとつの物語を浮かび上がらせる構図はまさにフーガ。また、小説全体のキーアイテムとして扱われるフィンランドの民芸品・ヒンメリも、八面体と八面体を綿々と繋いで1個の美しい完成品となるわけで。小説そのものをヒンメリというモチーフの中に落とし込んでいる点にも注目です。

 夏草の家族は父親と母親が数年前から別居状態にあり、お祖母ちゃんが倒れたことをきっかけにほんの少しだけ歩み寄るという家族の在り方を問うたスタンダードな再生ストーリーではあるのですが、そこに宗教と信仰の問題を絡め、さらには些細なことがきっかけでいじめの対象になってしまった夏草が自分自身と向き合い、本当の友人を得てクラスメイトたちと対峙するところまで描いていてかなりの盛り沢山。にも関わらず、どの要素も破綻させずにそれらすべてが最終的にヒンメリに集約される。よくぞここまで綺麗に纏め上げたものです。
 3月に起きた東日本大震災も作中で取り上げられていたりして、作品には震災による価値観の揺らぎに対し著者なりの前向きなメッセージが込められています。ただ、うん。作者にそういった意図がないことは重々承知しているし、これは単に私が捻くれているだけなのだけれど、被災後4ヶ月というこのタイミングで小説にされると若干のあざとさを感じてしまわないこともないです。一時、テレビなどにあったとりあえず何でもかんでも被災地を絡ませる風潮みたいな。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析