FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

北山猛邦『踊るジョーカー 名探偵音野順の事件簿』

踊るジョーカー (名探偵音野順の事件簿 ) (創元推理文庫)踊るジョーカー (名探偵音野順の事件簿 ) (創元推理文庫)
北山 猛邦

東京創元社 2011-06-29
売り上げランキング : 78969

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
ええと……皆さん……これからこの研究室で起きた毒物事件の推理を……
よかったら聞いてもらいたいと思うのですけど……嫌だったら……別にいいので……

類稀な推理力を持つ友人の音野順のため、推理作家の白瀬白夜は仕事場の一角に探偵事務所を開設する。しかし当の音野は放っておくと暗いところへ暗いところへと逃げ込んでしまう、世界一気弱な名探偵だった。依頼人から持ち込まれた事件を解決するため、音野は白瀬に無理矢理引っ張り出され、おそるおそる事件現場に向かう。


「名探偵音野順の事件簿」第1作。
 “物理の北山”の異名をとるメフィスト賞作家・北山猛邦の連作短編集で前々から気になっていた小説。
 ひきこもりで人見知りのおよそ名探偵の対極にいる最弱探偵・音野順をワトスン役がムリヤリ探偵させる、このやりとりを読んでいるだけでも笑えます。依頼人相手に「こ、この事件は……必ず私が……と、解き明か……して……みせるかもしれません……」だもの。こんなにも三点リーダーと吃音が多い名探偵がかつていたでしょうか? いや、いない(反語)
 相方の白瀬も白瀬で普通人のフリして結構ぶっ飛んだりしていて、何これ愉しすぎる。

 勿論、それだけでは終わりません。本筋のミステリも優秀です。表題作「踊るジョーカー」は犯行現場にトランプが散らばるみすてりみすてりしたシチュエーションのキャッチーさに加え、さらにその状況に二重の必然性を持たせているところが素晴らしいです。「見えないダイイング・メッセージ」はテーマであるダイイング・メッセージの扱い方が面白く、犯罪における手段と目的の逆転現象が起きているのが興味深い。他にも、まさしくバレンタインデーに相応しい真相の「毒入りバレンタイン・チョコ」事件など、収録作は独創性と発想力に彩られた事件ばかり。なんとも贅沢な作品です。

 何より著者の感性が琴線に触れました。「踊るジョーカー」や「時間泥棒」といったキュートでファンシーな章題が、すべての真相が明かされると思わず頷いてしまうような直截的なものへと様変わりする。センス良いなあ。
 デビュー作の『『クロック城』殺人事件』あたりから読んでみようかな。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析