積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

やっちゃう? 2011年 上半期ベスト10


2011年も半分までやってきました。

――と、いうわけで。
ここらでこの半年に読んだ本のうちベスト10を発表しておこうと思います。
どちらかといえば新刊よりも既刊が多いのはご愛嬌。


第1位 城平京『名探偵に薔薇を』 
第2位 西尾維新『化物語』
第3位 小川一水『時砂の王』
第4位 古野まほろ『天帝の愛でたまう孤島』
第5位 米澤穂信『折れた竜骨』

第6位 仁木悦子『林の中の家 仁木兄妹の事件簿』
第7位 城平京『虚構推理 鋼人七瀬』
第8位 伊藤計劃『ハーモニー』
第9位 古野まほろ『命に三つの鐘が鳴る Wの悲劇’75』
第10位 青柳碧人『浜村渚の計算ノート 3さつめ 浜村渚の水色コンパス』


現時点ではこんな感じでしょうか。
読む作家が偏っているので城平京とまほたんが2冊ずつ入ってますがw
『化物語』は下巻を読んだのが今年になってからだったので今年分にカウントしています。


年末のミステリ本的には『折れた竜骨』がランクインしてくるのは確実として、
『虚構推理』『命に三つの鐘が鳴る』あたりはベスト10とは言わないまでも
20位圏内には食い込んできてほしいところ。難しいかな?

『浜村渚の計算ノート』はいくら出来が良くてもまったく注目されていなのがなぁ。勿体ない。
文庫化を機に注目されてくれれば嬉しいのだけど。

獅子宮さんの『天命龍騎』とはやみねの『名探偵VS.怪人幻影師』は圏外っぽい。
というか内容云々の前に児童書からのランクインはまずもって考えられないですね。
ライトノベルレーベルから上位に入った昨年の『丸太町ルヴォワール』はまさに奇跡的快挙。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析