fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

高田崇史『毒草師 QED Another Story』

毒草師 QED Another Story (講談社ノベルス)毒草師 QED Another Story (講談社ノベルス)
高田 崇史

講談社 2008-04-08
売り上げランキング : 533846

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
苦い薬を飲んで、みんな大人になっていくんだよ
鬼田山家の先々代当主・俊春が撲殺した、一つ目の子山羊。以来、この家では「一つ目の鬼を見た」と言い残し、内側から鍵をかけて離れに閉じ篭る人間が相次ぐ。そして誰もが、そこから忽然と姿を消してしまうのだ。密室からの失踪事件として警察が動き始めたある夜、鬼田山家の長男・柊也が、自室で何者かに毒殺される。しかも、その場にはダイイング・メッセージが残されていた。捜査が暗礁に乗り上げた時、関係者全員の前に、突然、御名形史紋という“毒草師”を名乗る男が現れた。彼は一連の事件を『伊勢物語』になぞらえ、事件はほぼ100%解決したと言い放つが……。


「毒草師」第1作。
 「QED」の登場人物、御名形史紋が主役のスピンオフです。現代で起きる殺人事件に絡めて歴史の謎を解き明かすという構成は「QED」と基本的に一緒です。ただし本家シリーズが膨大すぎる蘊蓄量で胃もたれを起こし掛けるのに対して、こちらは現代の事件と歴史ネタの配分がちょうど良く、非常に読みやすい。「QED」は巻数を増していくにつれて奈々が歴史に精通していって高度なレベルでの会話が普通に成立しているのに対して、本作では取り立てて歴史に明るくはない雑誌編集者の西田君が語り部。ある意味で知識量のリセットが行われているというか、高田崇史初心者に向けて書かれているように思います。

 事件の要となる謎はそれなりの伏線があるとはいえミステリとしては飛び道具的なもの。一つ目の鬼についても拍子抜けするくらいなあっさりとした解答が用意されています。旧家にまつわるどろどろの人間模様としては楽しめますが。
 しかしメインの『伊勢物語』についての語りは大満足。作中で披露される「鬼一口」と“よみ人知らず”の謎解きは感嘆するほどロジカルで理に適っています。わが人生でもっとも衝撃を受けたミステリである『QED 式の密室』と根幹を同じくした発想から導き出される“ある可能性”は、一度聞いたらそれ以外考えられないというくらい尤もな仮説なのです。
 今回取り上げられている史料は『伊勢物語』にしろ『古今和歌集』にしろ、ある程度の事前知識を持っているものばかりで、特に「鬼一口」の話は高校時代に古典の授業で習ったことのある内容でもあっただけにこの解釈には度肝を抜かれました。

 意外と隣人想いで情に篤い御名形史紋といったキャラクター面でも新しい発見があり、およそ数年振りに読んだ「QED」でしたがやはり面白い。歴史好きというよりは古典好きな人向けかな。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析