積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ 2nd season 第16話「封鎖線を突破せよ」


 『クローン・ウォーズ』エピソード1。映画版で描かれたクリストフシスの戦いに至る前の話です。まだアソーカと出逢っていないせいもあってか、命令無視常套!(上等じゃなくて)な実写版のアナキンっぽい面が目立ちます。無謀で自己中で自尊心が高くて etc……。
 というかアソーカ、一応レギュラーキャラのハズなのにもう5話も出ていないです。バトル・ドロイドもかなり久々のご登場。やっぱり『CW』の魅力の大半はアソーカとラジャラジャが負っていますからね。もっと活躍してほしい。
 ユラーレン提督ともこの任務が初の顔合わせだったようで、アナキンに対してまだ全幅の信頼を置いていないところも見どころです。

 「スター・ウォーズ」でクローキング・システムが出てくるのも珍しい。遮蔽装置といえば、個人的には「スタートレック」のU.S.S.ディファイアントのイメージが強いです。あちらでも条約によって連邦宇宙艦への遮蔽装置搭載が禁止されていましたが、「スター・ウォーズ」の世界でもあまり歓迎されてはいないようです。あくまでも戦闘ではなく人道的任務のみへの使用ということらしい。
 しかし、そんな(たぶん政治的な)都合はお構いなしなのがわれらがアナキン・スカイウォーカー。スカイウォーカー将軍に掛かればどんな任務も戦闘になるとまで言われてしまいます。ほんと、酷い評判です。

 それにしてもここまで時系列をバラバラにする必要ってあるのでしょうか? 普通にわかり難いというか。前後の繋がりがはっきり示されていないとかなり混乱します。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析