積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

今月の講談社ノベルス

どうも。夏に向けてiPodの夏うたプレイリスト“あの夏の日、ぼくは…”を絶賛強化中の はろーすみすです。

ちなみに昨年度版はコレ
青春系夏曲を集めるのはもはや趣味の域です。
この1年間でさらに40曲ほど増えました。

iTunesのプレイリスト所要時間を見ると“1日”とか書いてあるからびびります。
全部ぶっ通して聴こうとするとそんなに掛かるのか……。24時間も。
せっかく再生順まで流れを作って並べているのに殆どシャッフル再生ですよ。

そういうことで2011年度版“あの夏の日、ぼくは…”は来月あたりに公開予定。
夏うた好きの同志は乞うご期待。

そして、この夏うたは外せないぜ!という青春系の曲(ここポイント)があれば、教えて貰えると助かります。
さすがに自力で集めるのに限界を感じてきたので。



さて、本題。
今月の講談社ノベルスは全部で4点刊行です。


『毒草師 白蛇の洗礼』/高田崇史
『魔女の死んだ家』/篠田真由美
『書物幻戯』/赤城毅
『ベスト本格ミステリ2011』/本格ミステリ作家クラブ



購入は予定どおり『毒草師』のみ。
来月のラインナップは買うものなしなのですが、
「あの本」ただいま進行中!のコーナーに有栖川有栖『闇の喇叭』&続編の文字が!!

民事再生法適用申請した理論社から出ていたために続編のメドが立っていなかった『闇の喇叭』、
有栖川氏も続編書く気満々だったあの作品が講談社ノベルスに来ましたか。
もともとが若い層対象のレーベルだったので講談社が引き取るならYA!ENTERTAINMENTが妥当かと思うのですが。
どちらにしても、わが愛する講談社ノベルスで出してくれるのは嬉しい。
実は『闇の喇叭』、以前図書館で借りてきたのに期限内に読み終わらなくて返しちゃったんですよね。
もち購入決定。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析