積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

古野まほろ「とあるホワイダニットの練習曲」

小説宝石 2011年 06月号 [雑誌]小説宝石 2011年 06月号 [雑誌]

光文社 2011-05-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
5月刊の新刊『命に三つの鐘が鳴る』に寄せての古野まほろによるショートエッセイ。

 何この表紙の娘、可愛すぎる! AKB48の山内鈴蘭という娘らしいです。AKB48はiPodに軽く100曲ほど入っているけれど別段メンバー自体に興味があるわけでもないので、全然知りませんでした。
 普通のヘアスタイルに見えて左側だけ編み込み入れているところが特に良い(そこか
 こう、ちょっと珍しい髪型の女の子って惹かれますよね。ちょっとアニメ的なものに毒されすぎているかもしれません。

――いや、まぁそんな特殊めな性癖の話はどうでもよくて。発売中の「小説宝石」に掲載されていた古野まほろのエッセイです。
 「メフィスト」でいうところの「ノベルスあとがきのあとがき」に当たるような1ページエッセイで、この度発売された単行本にはあとがきが載っていないため、実質これがあとがきといって良いと思います。
 タイトルどおり、今回まほたんがホワイダニットを主題にした理由、そこで試みたことが述べられているのでまほろファンは必読でしょう。確かに、『命に三つの鐘が鳴る』は古野まほろ的な探偵小説とホワイダニットが見事に融合された作品でした。ホワイダニットの可能性の追求と、新しい形態の開拓。まほたんの狙いは間違いなく成功しています。
 これはきちんと単行本に収録しておいてほしかったなぁ。文芸雑誌は基本的に赤字出版らしいからいかにして購入させるかという大人の事情的な問題があるのだろうけど。

で、このタイトルはやっぱり『禁書目録』が元ネタなのかしら。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析