積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

古野まほろ『命に三つの鐘が鳴る Wの悲劇 '75』

命に三つの鐘が鳴る Wの悲劇'75命に三つの鐘が鳴る Wの悲劇'75
古野まほろ

光文社 2011-05-19
売り上げランキング : 345392

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
殺人はヒトの過去も未来も……思い出も夢も全て隷属させる、最悪の奴隷主義です。
もし日本革命なるものが家畜や奴隷を前提とするなら、
そしてそうでなければ成就しない夢だというのなら、僕は闘います。

左翼活動に国民の共感が集まり、政府の外交政策に批判が高まっていた騒然とした時代、1975年。二条実房警部補は、若きキャリア警察官。交番勤務を経て、埼玉中央署特別高等課第一係に配属された。父親も刑事だったが、彼自身は学生時代には左翼革命組織・東京帝大革学労に所属していた。暴力革命を嫌い、恋人を組織のリーダーとなった親友に奪われ、組織を離れ、警察官採用試験を受けたという複雑な過去を持つ。そんな二条警部補のもとに、かつての友人・我妻雄人が出頭してくる。彼は恋人の佐々木和歌子を殺した、というのだ……。 取調室の中の攻防が事件の驚くべき真実を徐々に明らかにしていく。


 古野まほろの最新刊は光文社から出ている一般層向け小説、「悲劇」シリーズ(?)です。探偵役が『群衆リドル』のイエ先輩こと八重洲家康から「天帝」シリーズでお馴染みの二条さんに代わり、シリーズと呼んで良いのかはわかりませんけど、少なくとも表紙デザインは前作を踏襲しています。世界観は一緒だしね。

 はじめ、今度のまほたんは警察小説だと聞いたときはかなり意外に思いました。探偵小説的趣向大好きの古野まほろの作風からは掛け離れたテーマのように感じたからです。が、蓋を開けて見れば新人刑事・二条実房を主役とした警察小説にきちんとなっているばかりか、古野まほろの最大の特徴である 論理!論理!論理!な作風も健在。見事に融合しています。
 犯人を取り調べて供述調書を作成→ダメ出し→再聴収 を繰り返す手法はかなり新鮮で、これが非常に探偵小説的なのです。二条さんが自白を基に尤もらしい推理を組立て(=調書)、それを仲間の元に持ち帰って論破(=ダメ出し)される。しかもこのダメ出しが極めてロジカル。これぞ古野まほろ!と喝采を送りたくなるほどです。

 これまで動機論を「どうにでもなる」と片付け、あくまでも感情を排した緻密な論理構築で魅せることに力を置いてきた著者が初めてホワイダニットを主題にしたところも注目すべきポイントです。
 そして驚くべきことに本作では、提示されたデータと張り巡らせた伏線から論理的推理のみによって動機を特定するという所業をやってのけます。犯行動機(=感情)という心の内面の問題を、証拠や証言といったパーツを組み合わせ、あらゆる可能性を潰していくことで外部から唯一無二の答えを導き出す。いや、ここがすごい。こんなミステリは読んだことがない。

 言葉の遣い方、選び方も相変わらず美しいのですが、大人の事情と語り部が二条さんのせいか、いわゆるまほろ語は「うげら」のひと言のみ。なんというか文章にぶっ飛び具合が足りないよね? 抜かれてわかる毒気の懐かしさ。
 そこらへんは年内刊行がアナウンスされている『天帝のあまかける墓姫』、文庫版の『新訳 果実』『新訳 御矢』の3冊に期待しておきましょう。残り半年で3作も出るなんて夢のよう。
 来月中には未読の『天帝のみぎわなる鳳翔』も読んでおこう、シリーズの復刊に備えて。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析