積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ 2nd season 第6話「強襲 ドロイド工場」


 うー。まだまだ先週の放送ぶんまで追いつかない。
 内容としては前回の続きでジオノーシスでの作戦が目下進行中。戦線を離れたオビ=ワンとキ=アディ=ムンディに代わってルミナーラ・アンドゥリ&バリス・オフィー師弟が派遣。バリス・オフィー、マジお嬢様。やんちゃなアソーカと違って立ち居振る舞いから清楚な雰囲気が醸し出ています(コラッ
 ルミナーラとアソーカは以前にも組んだことがあったけれど、バリスとは初の顔合わせ。性格真逆のパダワンコンビの活躍が、これからのジオノーシス編の見どころでしょうか。
 アナキン自身はクローン大戦勃発の少し前に『崩壊の序曲』(積読中)でこの師弟と仕事をしており、それっぽいセリフも劇中で見られました。

 戦争の渦中にあっていつでも弟子を失う覚悟はできているというルミナーラと、どんな状況でも弟子が生きていることを信じて最後の最後まで諦めないアナキンとの対比が今回のテーマでした。パダワンに溢れんばかりの愛情を注ぎ、その能力を信頼している点では両者とも同じなのに、師の考え方によって師弟の在り方がまったく異なるのが面白い。
 バリスがアソーカのピンチを助け、アソーカがバリスを励ますという場面もあり、師と弟子、双方でのドラマが楽しめます。女性ジェダイが少ない中、女の子ふたりが友情を育んでいく様が描かれるのは結構新しい切り口で今後が楽しみです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析