FC2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ライダー・ウィンダム『スター・ウォーズ ルーク・スカイウォーカー伝』

スター・ウォーズ ルーク・スカイウォーカー伝 (LUCAS BOOKS)スター・ウォーズ ルーク・スカイウォーカー伝 (LUCAS BOOKS)
ライダー ウィンダム Ryder Windham

エフエックス 2011-04
売り上げランキング : 383034

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★☆☆☆
こいつにスカイウォーカーが優勝したレースのことを聞いても無駄だぞ。
おれのほうがずっとよく覚えてる

エンドアの戦いにおける反乱同盟軍の劇的勝利から数ヶ月後。新共和国が樹立され、銀河に新しい時代が訪れたが、帝国との戦いはまだ終わっていない。新たな問題に直面するルークだったが、一方ではアナキン・スカイウォーカーについてもっと多くを知りたいと思っていた。皇帝によりジェダイに関する記録はことごとく抹消されてしまったが、タトゥイーンにはアナキンとその母親について知る者がいた。


 SW小説邦訳最新作は『EP6』の数ヶ月後を描いた『ルーク・スカイウォーカー伝』です。前半部はルークの少年時代~タトゥイーンを出るまでの回想。中盤にコミックのエピソードからの抜粋を挿み、後半でアナキンの足跡を辿る旅&ちょっとしたバトルもあり。
 こうして見るとやんちゃで冒険心の強いルークはかなりアナキンに似ていますね。オーウェン叔父さんが心配していたのもよくわかる。シミの件があっただけになるべくタスケンの目に留まらないようにと神経を擦り減らす毎日。心中、お察し致します。
 アナキンについてのまともな情報が得られない中、ルークがポッドレース優勝に言及した記事を見つける場面はテンションが上がります。ワトーについての話が出たのもワトーファンとしては嬉しいところです。残念ながら出てはきませんが、もしワトーがルークに会ったら泣いて喜んだことでしょう。

 ラジオドラマ版や映画未使用シーンからのセリフや設定を積極的に組み込んだり、従来までの『~伝』シリーズとは異なって新規のエピソードが大半を占めているなど、コアなファンには垂涎ものなのは確かです。
 しかしながら、1本の物語という観点から見ると小説としてはまとまりに欠けており、読み応えが殆どないのも事実。極端な話、ここで語られたエピソードの数々は『クロノロジー』や『全史』のような編算本でさらうなり、インターネットのファンサイトであらすじを知って、はい満足でも何ら問題ないわけで。それくらい大したことをしていません。

 正直これをわざわざ邦訳候補に選んだ意味がわからない。いや、少しでも一般層に求心力のある作品=ルークの生い立ちを持ってきた意図は理解できます。ただ、この類の本を普段スピンオフを読まない人間が買うとは到底思えないんです。
 ルークの少年時代みたいな地味な話をいままで映画だけを追ってきたような普通のSWファンが手を出すと? それなら『CW』が放送中の現在、素直に未訳のクローン大戦ノベルを邦訳刊行した方が何千倍もニーズに適っています。
 次の刊行予定もメドが立っていないというし、日本で絶望的なまでにSW小説が売れない原因の一端は作品のチョイスも少なからず関係しているのではなかろうか。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析