積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

ムック『日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック』

日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック
TBSテレビ

ワニブックス 2011-04-22
売り上げランキング : 182288

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
TBS大ヒットドラマの続編『JIN-仁- 完結編』のオフィシャルガイドブックが満を持して登場!! 大沢たかお、綾瀬はるか、内野聖陽、中谷美紀をはじめとする豪華俳優陣、スタッフが再集結。各キャストの撮り下ろし写真やインタビューはもちろん、前作のストーリーガイド、スタッフインタビューなども収録。巻末には特別企画として、大沢たかお×内野聖陽×石丸彰彦プロデューサーの座談会を掲載。ドラマ『JIN-仁-』のすべてがわかる完全保存版の1冊。


 ドラマ『JIN -仁-』のガイドブックです。主な内容としては第一期のエピソードガイドとスタッフ・キャストの第二期に対する思いの丈といった具合で、宣伝用の趣が強い。いつも思うのですがテレビ番組のガイドブックを完結していないうちに出すのは、どうしても完全版にはならないのであまり好ましいとはいえません。勿論、製作側からすれば番組の宣伝にもなり、放送が終わった後にまとめられたものを買うようなコアなファンは限られているから売り出すタイミングとしては間違っていないのだけど、本書の登場人物相関図で第二期から登場する予定のキャラクターたちに「?」が付けられているのは非常に萎える。知りたかったら番組見てね感が見え見えでいやらしい。
 そんなものいわれなくても見るんだから妙な煽りを入れるなよ、とひとり憤りを覚えていました。

 インタビューでの注目は原作者の村上もとかが原作マンガとテレビドラマ版の違いについて語っている部分。アニメ化や映画化された作品などを見ていると原作とは展開が異なる、ということは割としばしばです。自分が原作信者だった場合、その改変が許容できなかったりもして作者はどう感じているんだろうと思うことも少なくない。そういった点に敢えて突っ込んで語らせたこの記事はなかなか興味深かったです。
 別の項で出た南方先生の歴史人物に対する認知度の話題なんかもリアルで良かった。

 単純にドラマの解説だけに留まることなく、第二期で描かれる時代の背景や歴史年表、偉人についても門外漢でも大変わかりやすく書かれているので、これを読んでドラマを見ればより一層理解が深まることでしょう――てな常套句で〆め。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析