fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

橋本治『窯変 源氏物語 (1)』

窯変 源氏物語〈1〉窯変 源氏物語〈1〉
橋本 治

中央公論社 1995-11
売り上げランキング : 78726

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
いつのことだったか、もう忘れてしまった――。
絢爛豪華で重てく難解で、でもやっぱりそこにあるのは人間のドラマで、千年前に、人はこんなにも豪華に現代の悲惨を演じていたという、そんな話。


「窯変 源氏物語」第1作。
 本好きの人は誰でも、いわゆる“名作”とカテゴライズされる作品の中に、死ぬまでに読んでおかなくてはならないと思っている作品がいくつかあることと思います。私の場合は「悲しみよこんにちは」、「ロリータ」、「伊豆の踊子」、そしてこの「源氏物語」がそうです。

 とはいえ「源氏物語」を原文で、なんてとても読めるわけもなく。いくつも発表されている現代語訳のどれが良いのか、調査の日々でした。与謝野さんや円地さんなど、いくつもの現代語訳を見てみましたが、どれもダメ。何がダメかって、普通に読んでて頭に入ってこないんですよね、文章が。
 そもそも、現代文と古文では句点の数から主語述語の表現方法まで、すべてが違うわけで。単に文章を訳しただけだと一文は滅茶苦茶に長いし、やっぱりわれわれの馴染んでいる日本語じゃない。

 そんなとき出逢ったのが、この「窯変 源氏物語」です。まるまんまの現代語訳ではなく、原典を忠実に再現しつつ、現代の著者が改めて書いた“小説”なんですね。「北方水滸伝」みたいな感じ。
 通じる日本語というのは当然のことながら、文章は光源氏によるメタ的一人称(どういうことかは読んでみればわかると思います)なので、従来までの現代語訳ではフォローが薄かった和歌の意味や
何を引き合いに出しているのか、までがよくわかります。また、一巻に四帖とじっくり枚数を掛けて物語が描かれ、当時の行事や風習なども詳しく説明がつくので知識ナシでも読めるのが嬉しいですね。
 各章に人物相関図がついているのもgood

 ただ、高い。限りなく高い(結局、そこ!?)。なんであの厚さの文庫で千円超えるのか、と。SWじゃあるまいし。
 加えてレア度も高い。普通の街の本屋さんではまず売ってないし。どういうことでしょう?

 それはともかく。買って損はないです。
 豪華ではなく豪奢。それでいて、われわれと何も変わらない。
 男達が延々女性の趣味を語り倒す「帚木」とか面白すぎる。左馬守、何様だww
 
 てか、これ読むと子供に“夕顔”とか名付けたくなっちゃいます。綺麗だと思うんですけど、DQNですかね?


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析