積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

全民煕『ルーンの子供たち 冬の剣(4)』

ルーンの子供たち冬の剣 4 (Next novels)ルーンの子供たち冬の剣 4 (Next novels)
ジョン ミンヒ 酒井 君二

宙出版 2011-04-20
売り上げランキング : 197905

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
そうなれば、おれはためらうことなくおまえを斬る。
しかしもし、おまえが第三者に襲われるようなことがあれば、おれは何があっても三度まで、おまえを助ける

伝説の"月の島"に辿り着いたボリスは、剣の司祭ナウプリオンの一番弟子となり、名をダフネンと改める。よそ者として疎まれ、孤独な日々を"月の島"で送るボリス。失意にくれていたある日、伝説の剣に導かれ、亡者が暮らす島の異空間に迷いこんでしまい――。


「ルーンの子供たち 冬の剣」第4作。
 ボリス改めダフネンのダークサイド堕ちが顕著な第4巻。裏切りに裏切りが続いて大切な人をことごとく失ってきたこれまでの経緯を考えると、ダフネンが殻に籠る気持ちもわからなくはないです。自分が好意を感じていない相手にはとことん冷たく接するのもあながち批判はできない。
 この辺りになってくるとそれが結構、自己中心的に見えてきてイライラさせられる。師匠やイソレット、ゼロに対しては心を開いているので割と素直なダフネンなのですが、それが同級生相手となるとまったく別人。常に冷め切った態度で周りの人間と線引きしているような態度は、作中人物でなくともなんだこいつと思ってしまいます。
 その癖して島民から煙たがられることに淋しさを感じるのは、ちょっと自分勝手が過ぎるのでは? 半分は自己責任でしょ。
 結局のところ、他者を排除しようという姿勢が強すぎて逆に自分を追い詰めてしまっているのがいまのダフネンなんですよね。だからどんどん悪い方――闇堕ちへと進んでいく。見ていて非常に危なっかしいです。

 本巻ではナウプリオンを逆恨みするジレボ司祭、ダフネンを目の敵にするヘクトル・エキオン兄弟の策謀により、イェーフネンが命を落とす原因を作った“湖の怪物”が異世界より姿を現します。汚い手段も何のその。互いを憎み、生死を掛けて決闘するヘクトルとダフネン。
 でもだからこそ、いまのダフネンを変えられる人間がいるとするなら、それは彼に寄り添ってあげるイソレットでもナウプリオン師匠でもなく、敵対しつつも義理を持つヘクトルしかいないと最終チャプターを読んで強く感じました。これからの展開、2ヶ月後の第5巻がいまから楽しみです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析