積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ 2nd season 第2話「破滅の積荷」


ウルフ・ユラーレンの憂鬱 k t k r

 フォースの強い子供=未来のジェダイ候補生のデータが入ったホロクロンがキャド・ベインによって盗まれ、それを取り返そうと追跡するアナキン&アソーカ師弟。例によって掟破りの無謀な作戦を実行しようとするアナキンに難色を示すユラーレン提督でしたが、お転婆アソーカとアナキンに毒されているキャプテン・レックスは「天才!」と大絶賛。スカイウォーカーチームがいかに破天荒な奴らの集まりかがよくわかる名シーンです。
 終いには「ジェダイはたくさんいるのに何でいつもあいつと組まされるんだっ!!」だもんなぁ。絶対に胃潰瘍とかに悩まされてるよ……。
 しかも正体を知らないとはいえ、『EP4』でもベイダー卿の下にいるわけでしょ。なんて可愛そうなユラーレン提督。

 今回は『クローン・ウォーズ』の中では断トツに面白かった。2nd season 期待してしまう。間にゴジラちっくな話とかあるけど。
 宇宙服ちっくな装備での船外活動は『SW』にしてはかなり珍しく、アソーカとアナキンが舞うようにして敵を倒す無重力下での戦闘も新鮮。アナキンの情の深さも垣間見れ、この「ホロクロン強奪」シリーズは『スター・ウォーズ』の楽しさが凝縮された連作ですね。『クローン・ウォーズ』を未見の人に薦めるなら間違いなくこの回。
 せっかく綺麗に終わったと思ったのに次回予告がネタバレすぎて困る。写っている場所からすると来週は今回の話の直後(数秒後から?)っぽい。


最後に苦言をば。
今月出る予定の小説『スター・ウォーズ ルーク・スカイウォーカー伝』は結局、何日発売なの。
ただでさえ買う人が少ないのに、発売日情報すら上がっていないと余計に購入人口が減ると思うんだけど。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析