積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

西尾維新『化物語(下)』

化物語(下) (講談社BOX)化物語(下) (講談社BOX)
西尾 維新 VOFAN

講談社 2006-12-04
売り上げランキング : 1833

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★
しいところ。可愛いところ。
私が困っているときみはいつだって助けに駆けつけてくれる王子様みたいなところ

青春を、おかしくするのはつきものだ! 阿良々木暦が直面する、完全無欠の委員長・羽川翼が魅せられた「怪異」とは――!? 西尾維新が全力で放つ青春怪異譚、第二弾。これぞ現代の怪異!怪異!怪異。


「化物語」第1作 下巻。
 父親同伴初デート車中のひたぎが可愛すぎる件。どんだけ嬉しいの。この場面で完全にひたぎ推しになりましたね。そうそういつもロリキャラに惹かれると思ったら大間違い。八九寺より、ひたぎ。千石撫子より、断然!ふたりはプリキュア戦場ヶ原ひたぎです!!
 まあ。キャラクターの一挙一動二府四十三県がどうのとか掛け合いの愉しさについては、たぶん多くの人がそれこそ限りなくレビューしてくれていると思うので、ちょっと真面目な観点から。

 本作は上下巻併せて5つの中編から成り立っています戦場ヶ原ひたぎが蟹に行き遭う「ひたぎクラブ」、蝸牛に迷う八九寺真宵の「まよいマイマイ」、猿に願った神原駿河の「するがモンキー」、千石撫子が蛇に巻かれた「なでこスネイク」、そして羽川翼が再び猫に魅せられる「つばさキャット」。各話ごとにヒロインが入れ替わり、登場人物もメインキャラクターの中から取捨選択されて物語を繰り広げます。
 「どんな脇役・端役にもその人の物語がある」を信条としている私には、この構成がかなりツボでした。主要キャラの人間関係が等価ではないので話によってまったく出てこない娘もいる。面識すらない場合もある。お気楽で楽しげに喋っているように見えて、心の内にはそれぞれ悩みを抱えて生きている。現実世界では当たり前のことなのですが、この手の読者層を限定した作品群では意外とできていない部分です。

 キャッチーな会話劇ばかりが評価されている本作ですけれど、「化物語」は怪異譚を扱ったエンタメ小説であると同時に、語り部の阿良々木くんを狂言廻しにした群像劇としての読み応えも十二分にあるんじゃないかと思う。
 「ひたぎクラブ」での戦場ヶ原ひたぎとの出逢いが、「つばさキャット」の羽川翼の変貌に直結する。誰かと出逢い、重ねっていった毎日が最後の一話に纏め上げられ、上下巻併せてひとつの物語を形成していく。この美しい帰結。

西尾維新の著作では間違いなく最高傑作。


余談。
アニメ版のEDである supercell「君の知らない物語」がこんなにぴったりな曲だとは、下巻を読むまで知らなかった。
それとこの曲、何気に叙述トリックソングですよね。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析