積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

マルセル・F・ラントーム『騙し絵』

騙し絵 (創元推理文庫)騙し絵 (創元推理文庫)
マルセル・ラントーム 平岡 敦

東京創元社 2009-10-30
売り上げランキング : 792795

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
残念でした。あなたに直接会ってみたかっただけ。
そうすればあなたになんか関心ないってことを、直接言ってやれるでしょ

幾度も盗難の危機を乗り越えてきたプイヤンジュ家のダイヤモンド“ケープタウンの星”。銀行の金庫で保管されていた253カラットのダイヤが、令嬢結婚の日に公開されると、6人の警官たちの厳重な監視にもかかわらず、偽物にすり替えられてしまった! 誰が、いったいどうやってこの犯罪を成し遂げたのか。


「ボブ・スローマン」シリーズ 第2作。
 第二次世界大戦中の捕虜収容所で執筆された小説で、著者は探偵ボブ・スローマンを主人公にした本格ミステリ3編だけ書き上げて筆を折った“幻の作家”とのこと。

 無一文だった初代プイヤンジュがひょんなことから大粒のダイヤモンドを手に入れ、それを担保に一代で財を成していく過程から入る壮大さはさながら冒険小説。そこから、空間を折りたたむワープ装置を造ろうという発明家が世間を騒がせ、ダイヤを相続するプイヤンジュ家のお転婆娘・アリーヌのロマンスもあって、時代掛かった物語が「シャーロック・ホームズ」を思わせます。
 探偵と語り部が没個性というよりもキャラクターとしての存在を主張しなさすぎる反面、事件の関係者たちはしっかりと生きた人間として魅力的に描かれていたのは好印象。エピローグで明かされる彼らのその後が何気に嬉しかったり。

 本作はカテゴライズ的には密室ものにあたるのですが、衆人環視の状況からダイヤが盗まれるといった状況は怪盗ものに近いです。
 これが図版を付けて説明したくなるような、なかなか本格心をくすぐられるトリックで。と、同時に果たしてこれは成立するのかという問題にもブチ当たります。私的な好みとしては、本格ミステリのトリックは「実現不可能」なフィクション性の高いものほどそそられるのだけれど、本作はかなりギリギリなライン。
 単純に仕組みとしてなら面白いです。ただしそこに人間の意識が入ってきた場合、このトリックを成立させるのは相当困難になります。少なくとも見張りの警官がひとりにつき2つの錯覚を起こさなければならないわけで、ある程度のリトライが許されているとはいえ、2×6=12の「見逃し」があって初めて成功する盗みに説得力があるかというと、微妙なところなんですよね。いくらなんでも、全員揃ってそこまでぼんくらじゃないだろ、と。

とはいえ、こういうミステリは嫌いじゃないです。残りの2作も是非とも邦訳してほしい。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析