積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』

映画ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー・・・ですか!?【特装版】 [Blu-ray]映画ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー・・・ですか!?【特装版】 [Blu-ray]

ポニーキャニオン 2011-03-16
売り上げランキング : 36375

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
はい。でも――私は好きですよ。
何も知らない人同士が偶然出会って、お互いに影響し合いながら変わっていくとしたら。
どんな出会いも、意味のある大切なものだと思います。

ファッションショーに出るために、モデルとしてフランス・パリにやって来たつぼみたち。しかし、パリでは満月の夜に狼男が出現するという、不気味なうわさが広まっていた。そんな中つぼみたちは、空から舞い降りて来た傷だらけの少年、オリヴィエと出会う。さらには、デザトリアンがパリにまで現れ……。 (2010年 日本)


劇場版「プリキュア」シリーズ 第9作。『ハートキャッチプリキュア!』の劇場版です。
 えりかの母親が主催するファッションショーに出演することになり、つぼみ、いつき、ゆりの3人は来海家と一緒にパリへ。既に一行がパリに滞在しているところから物語はスタートします。とはいえ、この背景設定がきちんと作中で語られていないため、初っ端からいまいちわかり辛い。あらかじめあらすじを把握していないと、なんでパリ?? なんで歩く練習???ということになり兼ねない。これはちょっと致命的でした。つぼみのモノローグで説明させちゃった方が良かったと思います。
 他に粗さを感じたのはミラクルライト=こころの花の力を分ける行動の脈絡の無さと、狼男の噂が劇中でそこまで生きていないこと、男爵の寿命はどうなったのかという点ですね。しかしながら本作はドラマ>バトルで基本的にドラマパートは丁寧に描写されています。その短所を補って余りあるだけの出来であると断言だけしておきます。

 プリキュアではなくゲストに比重を置いたストーリーは『ハートキャッチプリキュア!』らしく、それ故に男爵とオリヴィエの「利用し/利用されていることを自覚しながら、擬似的な親子愛も併せ持っている複雑な関係性」は子供心にはやや理解が追いつかない部分があるかもしれません。
 えりかは自分の抱いていたコンプレックスについて聞かせ、いつきが“ぼくっ娘”である事情について話す。困ったときは他人にも頼るわと自然といってのけるゆり、どんなに拒否されて仲間が諦めても最後までオリヴィエの心を受け止めようと闘いを止めるつぼみ。それぞれが代わる代わるオリヴィエに対してアドバイスをしていく構成で、オリヴィエの視点から4人の成長が垣間見られます。これぞ劇場版。『ハートキャッチプリキュア!』の集大成というべき作品です。

 個人的に気に入っているシーンは2つ。1つ目はオペラ座での舞台的演出を意識したムーンライトVS男爵のバトル。映写機に映し出された映像を模して語られる最初のプリキュア・キュアアンジェとサラマンダー男爵の過去話やスポットライトを受けての戦闘など、普段の放送では試すことのできない実験的かつケレンの利かせた映像が面白いです。
 もう1つが泣いているつぼみと一緒にえりかが歩いている場面。まるで自分の子供のように接していたオリヴィエが自ら男爵の下へと戻ったと聞き、パリの街を彷徨いながら涙を零すつぼみ。えりかはその涙を拭ってやるでもなく、また寄り添ってやるでもなく、付いて来いと言わんばかりにつぼみの前をただ歩いてやる。ここは来海えりかというキャラクターと、つぼみとえりかの友人関係のカタチを明確に示してくれたシーンでもあります。ここが本当に素晴らしかったです。

 ちなみに。今回のキャラデザはテレビ版の馬越さんではなく上野ケンさん。馬越デザインを残しつつも歴代のプリキュアらしい絵柄に仕上げられています。この作画のつぼみはかなり可愛いですね。テレビシリーズも是非これでやってほしかった!!


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析