積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

結城光流『少年陰陽師 異邦の影』

少年陰陽師   異邦の影   (角川文庫)少年陰陽師   異邦の影   (角川文庫)
結城 光流

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-02-25
売り上げランキング : 340113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
俺は大陰陽師になるんだから、お前はそれを見届けろ!
こんなところで死んだら絶対に許さない!

時は平安。13歳の昌浩は、稀代の陰陽師・安倍晴明の末の孫。素質はすばらしいはずだが、まだまだ半人前の見習い陰陽師。相棒の物の怪とともに、祖父の晴明にからかわれながら修行に励む日々である。ところがそんな中、内裏が炎上するという事件が起きた。昌浩は独自に調べをはじめるが、その背後に外つ国からやってきた妖異がかかわっていることが判明し――!?


「少年陰陽師」第1作。
 原題は『少年陰陽師 異邦の影を探し出せ』というクライブ・カッスラーちっくなもので角川ビーンズ文庫より刊行。以前にやっていたアニメ版が面白かったため前々から興味があり、今回晴れて角川文庫への移植ということでこれを機に読んでみました。
 中学時代は図書館で借りた妖怪の本をどっぷり読み漁り、NHKで放送された稲垣吾郎版『陰陽師』にハマり、修学旅行で行った京都では安倍晴明神社に参拝し、マイベストミステリが高田崇史『QED 式の密室』なくらいこのジャンルは好きです。
 しかし本作のラスボス「窮奇」は初めて聞く名前でした。中国の妖怪といえば刑天と飛頭蛮くらいしか知らないからなぁ。昔、『ゲゲゲの鬼太郎(第三期)』の中国妖怪が攻めてくる映画を見たけれど、いまとなってはすっかり忘却の彼方。井戸仙人とチーしか覚えてません。私もまだまだのようです。

 主人公、昌浩はかの有名な安倍晴明の孫。絶大なるポテンシャルをその身に秘めて人語を話す小動物の使い魔と共に退魔に乗り出す――。これって、まんま魔法少女もののフォーマットですよね。男だけど。
 言葉遣い含めて決してガチガチの平安時代小説というわけではないですが、当時の社会制度や風俗等々はきちんと描写されているので、適度に意訳された平安ファンタジーとして充分楽しめました。

 ところで。本シリーズのヒロインである彰子ってあの? かかし朝浩『暴れん坊少納言』でのイメージと(当然ながら)全然被らないから最初はまったく気付きませんでした。ヒロインもオリキャラにすれば良かったのに。1作目の段階で既に悲恋確定とか、泣くに泣けん……。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析