fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『アイ・アム・レジェンド(別エンディング版)』

アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-06-11
売り上げランキング : 36700

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★
――すまない。
予防不能、治療不能のウイルスによって汚染された地球。なぜか免疫があった軍所属の科学者ネビルは、荒廃した
ニューヨークで――あるいは世界で――ただ一人の生存者となった。必死に他の生存者を捜すネビルだったが、生存していたのはヒトではなかった。ウイルスによって変異したミュータントたちが闇に潜み、ネビルを監視していたのだ。ネビルが致命的なミスを犯すのを待ち続けるミュータントたち。過酷な状況の中、ネビルを支えているのはただひとつの希望。それは免疫のある自分の血液からウイルスを根絶する薬を作り出すこと。迫り来るミュータントとタイムリミット。地球最後の男に希望はあるのか?(2007年 アメリカ)


 『アイ・アム・レジェンド』の別エンディングをようやく見られました。この作品、劇場公開やテレビ放映されているものは劇場公開版であり、BDにはセル/レンタルどちらにも、DVDはセル版2枚組のDisc2にオリジナルシナリオである別エンディング版が収録されています。

 基本的な流れは劇場公開版と一緒で、ラストの7~8分がまったく異なる別エンディング版。怒涛の伏線回収と視点の転換、構図の逆転、明かされる真実……その7分でいままで語られてきた物語の持つ意味合いががらりと、180度変化してしまう。変化させてしまうんです。これがすごい。
 ある面では叙述トリックともいえそうなこの大技。思い返せば、劇中の至るところに“その事実”を見抜くだけのヒントがバラ撒かれていました。にも関わらず、恐らく初見でこれを見抜けた人は皆無なんじゃないかと思います。気付かせないというよりも気付かないに近いです。普通、そんな発想出てこない。というか“常識”に捉われて無意識のうちに思考の外に追いやっている部分ですよね。

 ネビル自身、まさか自分がそんなことになっているとは予想だにしていなかった。これは私の中でのベストミステリ、高田崇史『QED 式の密室』に匹敵するレベルの衝撃といって良いです。
 視聴後、『アイ・アム・レジェンド』のタイトルがすごく重く、心にのしかかってきます。モンスターパニックを見慣れているからこそ、余計にそう感じる。これは『ジョーズ』であり、『トレマーズ』であり、『エイリアン』なんです。それを理解したとき、自分の見ている“世界”というものがまったく変わってしまう。
 劇場公開版を見て落胆した人、駄作の烙印を押した人も騙されたと思ってもう一度BDを借りてきてほしい。これを見逃すのは本当に勿体ない。稀に見る傑作です。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析