fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

相棒 Season 9 第13話「通報者」

★★★★★

生け花教師・俊子が絞殺された。右京と尊は、身分を明らかにしなかった通報者が中学生の祐太であることを突き止める。病気の母親と幼い妹の3人で生活保護を受けながら暮らしている祐太は、面倒なことに巻き込まれたくなかったという。が、右京らはそんな祐太に疑問を抱く。祐太が俊子と知り合いであることがわかった。本人は俊子を知らないと言っていたが尊が問いただすと、祐太は万引きを目撃され俊子に脅されていたという。しかし、その万引きもウソ。なぜウソをつくのか? 一方、右京は祐太が通う中学校で盗撮事件があった事実をつかむ。しかも事件発生当時、俊子は華道部の指導で学校に出入りしていた。


やるじゃん、太田愛!!(上から目線)
 “泣かせ”に走りすぎてミステリ的に微妙なエピソードを連発していた前シーズンから登板の太田愛ですが、今回は伏線、ミスディレクション、誤導、ゲストのドラマ etc…すべて良しの完璧な出来栄え。事件関係者の諸事情が見えてくるにつれて単純そうな事件がどんどん複雑化していく様、目につく不自然な行動。それらすべてを解決編において一本筋にまとめ上げた今週の放送は本格ミステリとしても『相棒』全話中トップクラスだと思います。
 神戸君が石を蹴ったシーンだけ若干あからさまに映しすぎていましたが、それはまぁ目を瞑りましょう。何故ならその他の部分で素晴らしすぎたから。

(以下ネタバレあり)

 実際、裕福でもないあの家庭が脅迫のネタとして手取られるなら十中八九生活保護の不正受給関連だと一度は疑うものの、布団の中から半分起き上がりながら返事をする“母親”を見ているだけに、まさか親がいなかったとは思わない。顔を見せないで上手い具合に存在感をアピールすることに成功しています。
 溝口君が華道を習っていた女の人(既に名前忘れた orz)へ電話を掛けるシーン含め、視聴者への見せ方をわかってるなぁという感じ。あの段階だと完全に犯人にtel.だと思うもの。ばっちりミスリードされました。

 で、こちらが不正受給説を頭の外に追い出した頃に出てくるのが、盗撮関連の話。それらしい話がフックとして用意されているわけです。視聴者の関心が溝口君方面のミスディレクションに向いている隙に、ちゃっかり本当の伏線を当該夫に逃げられた女の人の失踪月の方に張っていたのにも、やられた感満載。
 よくよく思い返してみると、学校の先生の「以前は殴り返して母親に来て貰うこともあった」という台詞も伏線だったんですよね。ぜんぜん気付かなかった。

 事件関係者に必要以上に感情移入してしまう神戸君と、溝口君の最後に落ちた時の表情には、かなりぐっときました。結末も一見前向きであるけれど、肝心のゆめちゃんには笑顔が見られず、もの哀しさを助長させます。


ぱっと見普通のエピソードですが、そこに潜むテクニックは超絶。
「Season 9」では間違いなく最高作です。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析