積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)
伏見 つかさ かんざき ひろ

アスキーメディアワークス 2008-08-10
売り上げランキング : 56855

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★
なにが厨二病アニメよ。私はね、その漢字三文字で形成される単語が死ぬほど嫌いだわ。
ちょっとそういう要素が入っているというだけで、
作品の本質を見ようともせずにその単語を濫用して批判する蒙昧どももね。

俺の妹・高坂桐乃は、茶髪にピアスのいわゆるイマドキの女子中学生で、身内の俺が言うのもなんだが、かなりの美人ときたもんだ。けれど、コイツは兄の俺を平気で見下してくるし、俺もそんな態度が気にくわないので、ここ数年まともに口なんか交わしちゃいない。よく男友達からは羨ましがられるが、キレイな妹がいても、いいことなんて一つもないと声を大にして言いたいね(少なくとも俺にとっては)! だが俺はある日、妹の秘密に関わる超特大の地雷を踏んでしまう。まさかあの妹から“人生相談”をされる羽目になるとは――。


「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第1作。
 プロの積読家ともなると、友人からの頂きものも余裕で数ヶ月は積読いてしまうわけで(最低だ
 そんなわけでテレビアニメも現在放映中、友人大絶賛のいま人気のライトノベル『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』を読了です。タイトルがタイトルだし、最近流行りの“ヲタクがテーマ”のライトノベルだし、で正直そこまで期待はしていませんでした――が。しかしです。これが、かなり感動してしまいました。

 私もリアル妹がいる身だからなのか、桐乃に対する京介の行動がいちいち頷けます(もっとも、うちの場合は何年もまともに口を利いてない、なんて深刻な状況にはなってませんが)
 さて、性格だけ見れば桐乃は最悪です。私はツンデレというキャラ付けが大キライで、自分勝手の自己中心主義でたまに大人しく恥らってればみんな黙るんでしょ、みたいな己の言動を省みないヤツらは一掃されればと良いのに、とすら思っています。

 本作に登場する桐乃もその類に漏れず。むしろ相手が兄貴だから、と遠慮の「え」の字も知らずに横暴の限りを尽くす様は終始腹立たしい。1ミリだって可愛くない。
 ところが、それこそが最大のポイント。桐乃がまったく可愛くないということは、決してキャラクターだけで読ませる小説ではないということ。そしてそんな桐乃が不器用ながらに奮闘するところを、惰性とはいえ付き合わされて見守ってきた京介。口で何と言おうが、普段どう思っていようが、そんな彼女の努力がすべて踏みにじられるようなことになったとき、黙って見過ごせるわけがないじゃないですか。それは性です。父親に父性があり、母親に母性があるように、兄貴には兄性があるのです。
 この小説はそれが本当に良く描けています。正直なところ、私は昨今のヲタ事情にはまったく明るくないので文中にぶち込まれているらしいネタの数々は殆どがわからなかったり、気付かずスルーしているものも少なくありません。それでも面白い。全然、そんな“小手先の道具”に依ったつくりにはなっていない。家族の物語、それから兄妹のドラマとして、素晴らしい作品であると自信を持って言えます。

 特に最後の一文は素晴らしかったです。タイトルにもなっているあの一文。あれは、単純に額面どおりの意味だけではないです。あの言葉は桐乃の実際的な可愛さに向けたものではなく、京介の自分自身への嘲笑であり、労い、そして照れ隠しです。兄妹間での会話がほぼゼロな状態が何年も続き、自分を「あんた」と他人のようにしか扱ってこなかった妹。その桐乃が「兄貴」と彼を呼び、「ありがとね」と礼を言う。どんなに憎たらしいことを言う妹でも彼女の口からそのひと言を聞けた。ただそれだけで、いままでの苦労がすべて報われた気がする。それは嬉しいとはまた別の感情で。
 彼流に表現するなら「悪くない」――仕方ないな、ってやつですね。
 こう書くとシスコンのように見られるかもしれませんけれど、世の中の兄貴なんて大体そんなもんです。たぶん。


そうそう。黒猫さんが作中で稀に見る名言を残してくれたので今回の引用文はそれ。
よくぞ言ってくれた! やつらの目を醒まさせてくれ!!


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析