fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

藤田令伊『現代アート、超入門!』

現代アート、超入門! (集英社新書 484F)現代アート、超入門! (集英社新書 484F)
藤田 令伊

集英社 2009-03-17
売り上げランキング : 25988

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
便器は見た人の「なんだこれ?」や「こんなのありか?」を引き出すための、いわば狂言回しなのである
たとえば一九一七年に発表されたデュシャンの『泉』。この作品は工業製品である便器がそのままアートとして出品されたものだ。仲間のアーテストたちにも「はたしてこれはアートか?」と理解されなかった作品が、なぜ今現代アートを代表する作品といわれるのか?さまざまな作品を俎上に載せながら、現代アートの「わからない」をごくフツーの人の立ち位置に立ち、難解な解釈から解き放たれた「よくわかる」現代アートとの付き合い方、鑑賞法を探り当てる。


 そう。「現代アートはわからない」
 さして美術に詳しくもない一般人である自分には、ピカソの絵のどこが素晴らしいのかはわからないし、ましてや美術の教科書の後ろに載っていたような“トイレ”や意味不明の抽象画のどこが良いのかなどまるでわからない。理解できないものとわりきっていた。
 一年に一冊読むか読まないかの新書ですが、書店でこの本のオビを見たとき、これは読んでおきたいと衝撃を受けました。だって、「何が描いてあるのかわからない」「意味がわからない」「上手かどうかわからない」「価値がわからない」とか、まさしく自分の思っていたことそのままだったので。

 実際、読んでみて正解でした。この本を一読したら、以前とはまったく別の視点でアートを見られるようになると思います(少なくとも「わからないから」という理由だけで見向きもしないというのはなくなります)超オススメですね、これは。
 
 たとえば、カンディンスキーという人の抽象画は、まさしく抽象画なわけで。コンセプトが「破局」と「新生」らしいのですが、実際の絵は絵の具をぶちまけたような謎絵です。しかし、カディンスキー本人は、“自分の描き途中の絵が、向きを間違えられて飾られているのを見たときに感じたなんともいえない魅きつけられる感覚”が、それが横向きの自分の絵だと気づいた瞬間に失せてしまったことから、具体的に何が描かれているかわかる絵は“真の美”の邪魔をしているのでは、と考え、なるべく何が描かれているのかわからない絵を描くように努力したそうです。
 つまり、わけがわからない抽象画は、素直にその絵から受ける印象に浸れば良いらしいのです。それがアート鑑賞の基本であり根幹でもある、と。
 思えば、何かの模様を見たときに妙に魅かれたりすろことがあります。そういうことと何ら変わらないことなわけです。
 
 これってつまり“萌え”ですよね?何かを見て、「あ、いい」と思う感覚。
 景色だって、キャラだって、仕草だって、みんな同じです。そう思うと、現代アートが俄然近く感じられてきました(影響されすぎww)
 
 今度、美術館、行ってみたいです。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析