積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

相棒 Season 9 第3話「最後のアトリエ」

★★★☆☆

イベント運営会社社長・三木の他殺体がオフィスで発見された。現場に落ちていた書籍の新刊案内に目を留めた右京は、夭折した天才画家・有吉比登治の生涯を描いた小説本から落ちたのではないか、と推測。調べると、三木の会社は有吉の回顧展を請け負っていた。その回顧展では有吉が死の直前に引き裂いた最後の作品『晩鐘』も展示されるという。三木のオフィスを訪ねた右京と尊は、有吉の友人だった榊という老人と出会う。回顧展に提供した有吉の手紙を自ら確認する榊、その作業を見た右京と尊はささやかな疑問を抱く……。


だーかーらー!!
サブタイ考えるとき、もうちょっと気を配ってってば。
1st 第10話「最後の灯り」と被ってるでしょ。内容も職人ものだし。今回の場合、劇中に登場する小説のタイトルとか、他にも案があっただろうに。注意ですよ、注意。

 さて。文句から始めてしまいましたが今回の内容、心配していたほど酷いことにはならなかったのでまずは一安心。相変わらず、その道のプロ系なお話はあまり得意ではないですけど。
 有吉と榊も手紙の文面から読み取れるようなギスギスしたものではなく、軽口の叩き合いといった雰囲気で良かったです。あの回想場面が入ったのは物語的にかなり大きかった。そりゃあ本当に相手のことを見下していたら何通も手紙を送って寄越したりはしないものね。
 心の中では互いに認めているけれど表面上は愛のある憎まれ口、というのは本当に信頼し合える間柄でないとまずできないもの。こういった関係性の表現、私はかなり好きです。他人からしてみれば傍迷惑なことこの上ない連中ですけど、自分自身もちょっと心当たりがあったりして。

 単なるお涙頂戴劇で幕を閉じるのではなく、個展の主催者が事件を宣伝に使おうとするあたりの汚さは『相棒』っぽかったです。でも右京さんの絵画の価値は見た人が決める、という言葉は必ずしも良い意味だけでなく、残念なことに悪い意味でも当て嵌まる。つまり事件に興味を持って個展を訪れた大衆的一般人が、絵画自体にも“周りの状況”を見てしまう可能性は大いにあります。というか、大体の人がそうだと思うんです。誰もがみんな、作品の素晴らしさに惹き込まれるわけではない。そうすると『晩鐘』そのものも、やはり“悲劇的な絵画”のレッテルを貼られてしまうんじゃないかな。
――私、捻くれてます?


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析