fc2ブログ

積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

矢崎存美『ぶたぶたと秘密のアップルパイ』

ぶたぶたと秘密のアップルパイ (光文社文庫)ぶたぶたと秘密のアップルパイ (光文社文庫)
矢崎 存美

光文社 2007-12-06
売り上げランキング : 233406

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
当たり前じゃないですか、そんなこと。
そんなに簡単にわかったら、みんな秘密なんか持ちません。

イラストレーター森泉風子は、不思議な会員制喫茶店への特別招待券を手に入れた。そこでは、誰にも話せない秘密をひとつ、店員に話さなくてはいけないというのだ。その店員というのが……見た目は可愛いぶたのぬいぐるみだが、中身は心優しき中年男・山崎ぶたぶただった。客たちはみな、ここで心の荷物を下ろし、新しい人生へと踏み出す勇気をもらってゆく――。


「ぶたぶた」シリーズ 第9作。
 プロの積読家ともなると、シリーズものの続刊を2,3年平気で積んでいられるわけで。本作『ぶたぶたと秘密のアップルパイ』もそんな中の1冊。一応、弁解しておくとこのひとつ前にあたる第8作『夏の日のぶたぶた』が絶版になってしまい、そちらを入手してから……と思っていたのですが、少なくとも新品書店には売ってないんですよね。『クリスマスのぶたぶた』も含めて光文社で新装版出してくれれば良いのに。

 アップルパイの描写についよだれが垂れそうになる今回ですが、内容は結構ダークぶたぶたです。過去7作を読んできている私にとって、ぶたぶたさんは既にファンタジーな存在として認識しているので、そこに掛かる現実的な問題はすべて吹っ飛ばして「アリ」だと考えています。なんでぶたのぬいぐるみに人間の子供がいるのかとか、ぶたぶたさんの食べたものはどこへ消えるのかとか。そういった“あり得ない”要素を、すべて「ぶたぶたさんだから」で全肯定。それはたぶん多くの「ぶたぶた」読者も同じだと思います。
 けれど、本作では『ぶたぶた日記』の最終章でもクローズアップされたような、ぶたぶたさんが社会生活を送ることに対する不都合に触れられています。自分のことを「化け物の自覚はある」と言わせたのはどうなんだろう。これだけ長く続いているシリーズだから色々な切り口はあって当然なのですが、そういった冷静な目線が入るとどうにも居心地の悪さを感じてしまうのも事実。

 風子さん関連で軽く見せてはいるけど、椛さんの話はかなり重いし。いままでの作品と同じように単純に「癒されたー」という内容ではなく、どちらかといえば苦さが残る作品です。そういう意味では「ぶたぶた」の新しい顔が見られる本かもしれません。
 とはいえ、決して苦いままでは終わらせず、登場人物それぞれが抱える問題に対して自分なりにきちんと答えを出しているので読後感はそう悪くないです。無駄にテンション高い応対の風子さん、良いキャラしてるなぁ。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析