積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

映画『サマータイムマシン・ブルース』

サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) [DVD]サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) [DVD]
上田誠

ポニーキャニオン 2006-02-15
売り上げランキング : 6344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
時間はね、君らが思っている以上にシビアなんだよ
真夏にクーラーのリモコンが壊れたSF研究会の部室。そんなところへ本物のタイムマシンが偶然にも現れた。とりあえず「昨日に戻ってリモコンを取ってこよう」ということになり、乗り込んでみるのだが、軽い気持ちで実行したそれは過去を変える危険な行為であり、そのせいで全てが消滅する恐れが! 時間の矛盾を元に戻すための大冒険がスタートする! (2005年 日本)


 以前、レオさんに紹介して頂いた作品です。それが既に4ヶ月も前のことで本当にすみません orz
 私は基本的にお笑い番組やコメディ映画は見ない人間なので、初っ端からテンション振り切った独特なノリと溢れ出るチープさにまったく楽しさを感じられず、これはムリかなー と思っていたのですが、扇風機のくだりで思わず「ハロゲンヒ-ターじゃん!!」と突っ込みを入れてしまったあたりから、見事にヤツらに絡め取られましたね。シルバニアを動かしちゃうあたりではもはや爆笑ですよ。

 それでこの作品、リモコンの故障ひとつに対する124年に渡る壮大な辻褄合わせという、大きいんだか小さいんだかよくわからない規模の物語が展開されます。過去を変えたら現在に繋がる道が経たれ、すべての存在が消滅してしまう可能性を指摘され、SF研の連中はそれを阻止するために奮闘します。
 まぁこの物語における時間は“過去への介入を折り込んでの一本道”だったので、どの行動も為されるべくして為された必然性の上に成り立っている。杞憂っちゃ杞憂だけれども、その勘違いすら大きな時間流の中に設定されていたとも考えられそうです。
 わりと時間のルールがしっかりした作品なのに、映画館館長のコスプレが時間の扱いに統一性のない「スタートレック」なのはアイロニー(?)。あのタイプは『新スタートレック』初期の制服ですね。

(以下、ネタバレあり)


 そうはいっても劇中で保積が述べていたように、影響を受けない時間の流れがある一方で、辻褄さえ合えばある程度の改変も可能なのが本作の世界観。今回の場合、“クーラーのリモコン”が“壊れた”その2点を事実として押さえたことにより、本来ならば壊れていたハズのリモコンを壊さずに済むことに成功しています。複雑で不思議な話ですけど、上手くやれば何とかなっちゃうんです。世間の評価に惑わされて時間軸を乱立させた挙句、最終的に全面放置する醜態を晒した「ターミネーター」シリーズのスタッフにはこれを見て見習って欲しいわ。

 ここまで書けばもうおわかりのことと思いますが、ラストで未来の失恋が確定してしまった甲本。彼が春華と破局を迎えずに済む解決法も実は残されています。苗字を変える必要もありません。要するに、“田村と名乗る男”が“未来からやってきた”事実が確かであれば良いのだから、甲本は自分の息子がタイムワープした際に“田村”と名乗らせると早い段階で心に決めておくか、宣言をしておけば良いのです。「田村君が偽名を使ってた」説を事実として作り上げれば、“田村と名乗る男”が“未来からやってきた”事象に何ら反しないので、全然OKというわけ。や、そうなると何がブルースだ、って話ですけど……。

 ところで。あのシーンがこう繋がるのかといった見せ方も醍醐味のひとつであるこの手の作品ですが、その点においてこの映画ではあまり驚きは得られませんでした。ミステリでもそうですけど伏線は気付かせないようにさらりと張るからこそ「おおっ!」となるもの。本作ではまだ実行していないタイムスリップの結果として妙な誤解が生まれているだろうことは容易に想像がつき、一度目の“昨日”では過去に遡った彼らを中途半端に隠していたり、と初めから違和感を植え付け→納得の流れになっているからです。そういった爽快感では、伏線回収の仕方で『デジャヴ』が、サプライズ度合いでは『リターナー』が圧倒的。

ただし、この『サマータイムマシン・ブルース』は青春の爽快感に満ち満ちていました。ちょっと暑苦しいくらいに。


スポンサーサイト

Comment

 

見ていただいてありがとうございます。

確かにチープと言えばチープですね。私は登場人物や時代背景に共感できませんでした。

ただ、くだらないことに一心不乱になれる様は清々しいです。(まぁ、現代でリモコンは死活問題とも言えますが)



映画や小説の評価はとても参考にして楽しませてもらってます。マイペースに頑張って下さい。


長々と失礼致しました。
  • posted by レオ 
  • URL 
  • 2010.12/12 03:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こちらこそ見るのが遅くなって申し訳ないです。

傍から(後から)見てみると、どうしてあんな、くだらないこと盛り上がっているのかがわからない。その一過性こそが青春なのかもしれません。だから“その瞬間”に戻ることができるタイムマシンを用いて青春劇を描くのは、当然で自然な成り行きのような気もしますね。くだらないこと=青春の象徴としての一連のリモコン騒動、という感じで。
  • posted by はろーすみす 
  • URL 
  • 2010.12/13 01:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析