積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

天祢涼『闇ツキチルドレン』

闇ツキチルドレン (講談社ノベルス)闇ツキチルドレン (講談社ノベルス)
天祢 涼

講談社 2010-07-07
売り上げランキング : 263300

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
こう見えて音宮サンは、意外に繊細ですから。
もしもの時は、助手ではなく友達として助けてあげてください

殺意の矛先は犬や猫、そして人間へ――。小さな地方都市を震撼させる事件の容疑者は、県警本部長も務めた元警察官僚・最上倉太朗! “共感覚”美少女探偵・音宮美夜は妙な出会い方をした高校生・城之内愛澄とともに捜査を開始する。だが最上は「私は音宮くんを殺したい」と宣戦布告! 狙われた探偵は、裏を知り尽くした男を追い詰められるか。


「音宮美夜」シリーズ 第2作。
 第43回メフィスト賞受賞作『キョウカンカク』の続編です。意外な動機が評判を呼んだ前作。探偵が聴覚に視覚(色彩)を伴う共感覚の持ち主なため、殺人願望者は声を聴いただけで見抜ける設定上、簡単に犯人の目星がついてしまうのでは、と危惧していたのですが、むしろ自らその点を突いてきましたね。ともすれば展開を縛る弱点にもなる諸々の設定を、逆に利用してくるとは。

 度々ポアロの話題が出てくるこのシリーズ。読み終えてみると今作の展開はアガサ・クリスティ リスペクト故にだったのかと大いに納得しました。
 美夜が犯人を断定した決定的証拠は、その場面では読者に伏せられていた“事実”なので必ずしも公平とは言い難い(アンフェアというほどでもない)のだけど、正直に記述してもルーファス・キング『不変の神の事件』のように普通にスルーしていそうな気がします。そういえば前作でも「山紫郎が握っている情報≠読者の知っていること」なポイントがあったような。天祢っちが心配するほど読み手は聡くはないから、もっと大胆に書いちゃっても全然大丈夫だと思う。

 それにしても鬱々となる。音宮美夜は並み居る名探偵たちとは違い、強気な表面とはうらはらにその実かなり打たれ弱い。何でもない風でいても今回の事件で受けたメンタル面のダメージは相当なもののハズ。そこが作品とキャラクターの魅力でもあるのですが、はっきりいってキツい。精神的な“痛み”の描写が鋭敏すぎる。狂喜の中に悲哀と痛切が滲み入る254頁目の台詞がこの物語のすべてでしょうね。
 そんな歪んだ人たちの壊れた世界の中にあって、あの人物の泥臭い感情の吐露は本当に唯一の救い。その結末に、ほんの少しだけほっとさせられました。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析