積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

相棒 Season 9 第1話「顔のない男」


★★★★☆

人気女流作家の水元湘子の遺体が自宅で発見された。第一発見者は夫の吉野。文学賞の楯やトロフィー、生原稿がなくなっていたことから熱狂的ファンの川芝が浮上する。しかし右京は最近の資料ファイルがないことに疑問を抱く。また恋愛小説を書く湘子が最近なぜか商社マンの笠井を取材していたことが判明。さっそく商社へ向かう右京と尊。さらに右京がある推理に基づき夫の吉野を追及すると意外な真相が暴かれるのだが、未だ肝心の資料ファイルの行方は掴めないままだった。


ついに始まりました Season 9! これは即効当日内に感想書くしかないでしょう。
 2話続きの1話目ということで、物語の全容が見えない現段階では如何とも判断し難いのですけど、それでもなかなか上々の滑り出しであることは間違いありません。これは期待できるんじゃないか、今シーズン。
 今回初の初回1時間だったのは、テレ朝が池上さんの視聴率を潰すのは惜しいと欲張ったからだと邪推しているのですが……。人気の低迷につき、ってことはないだろうし。

 人間関係の変化も興味深いところ。冒頭、内村さんが神戸君をなんとか元に戻そうとするものの見事に袖に振られ、やっぱり特命に居ついてしまいます。そんな神戸君への右京さんの対応は一見、前シーズンとさほど変わっていないようにも思えますが、神戸君の着眼点と行動力に密かに微笑んだりもして(カメラ目線なのね)その成長が嬉しいようです。うん、良いコンビになってきたかもしれない。
 米沢さんが伊丹に対して強気の姿勢なのには笑いました。あんな言い方したら伊丹が可愛そうだと思わず同情。右京さんを三浦さんが完全に受け入れているのにも驚きです。イヤそうな顔アピールをしてみせる芹沢君を無言でなだめてますからね。捜一も丸くなったものだ。

 事件の全容に関しては来週の放送を待っての感想になりますが、仮に湘子が自殺に見せ掛けた他殺だった(予告からしてほぼ確定的?)とすると、自殺に見せ掛けた他殺に→自殺を他殺に見せ掛ける工作が加わり、偶然の産物とはいえ“他殺に見せ掛けた自殺に見せ掛けた他殺”という結構しっちゃかめっちゃかなことに。これは推理のしようがないよ、、、(T△T)
 それと小説のしおりのページはきちんと文章を映すか音読しておいてくれないとフェアじゃない。ワインとチーズは自力では辿り着けないヒントなんだし。ま、面白かったから良いんですけど。
 サブタイは Season 7 に「顔のない女神」があるので、もうちょい別のものにしてほしかったかな。


何にせよ期待の新シーズン。傑作続出となることを願ってます。
ん、それと公式によると11月にノベライズ版担当の碇卯人がオリジナルで『杉下右京の事件簿』なる小説を出す模様。ノベライズ版、大概酷い出来だったからなぁ~ 鳥飼否宇、信用ならん。“本格ミステリー”がいわゆる“本格”のジャンルではなく“本格的なミステリー小説”を指している可能性もあるし、アクションとかかなり不安要素。とりあえず様子を見てから、か。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析