積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

谷口シュンスケ『新感覚バナナ系ファンタジー バナデレ!』

新感覚バナナ系ファンタジーバナデレ! (HJ文庫 た)新感覚バナナ系ファンタジーバナデレ! (HJ文庫 た)
谷口 シュンスケ 京作

ホビージャパン 2010-07-31
売り上げランキング : 852240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★☆☆☆
私の大好きなバナナを使ったオリジナル魔術だ。
ふふ、詳しい事は秘密だがな

「現実やだ!こんな人生いやじゃあっ!」放浪の旅へ飛びだした、お金も恋人も魔法の才能もない悪人面の少年・ネロ。彼は前代未聞の“バナナ式魔術”を操る美少女トレジャーハンター・アルルと出会い、全裸で炎に飛び込むがごとき無謀なお宝探しに乗り出すことになる。夢は一攫千金&バナナ大人買い!? 愛と勇気とバナナに満ちたコミカル冒険ファンタジー、開幕。


「新感覚バナナ系ファンタジー バナデレ!」第1作。
純正(?)のライトノベルは普段、殆ど読まないのですがこれは“とある縁”あって読んでみました。
――が。

こ れ は ひ ど い 。

 何がひどいのかって、この作品が第4回ノベルジャパン大賞の金賞受賞作品だってことですよ。これで良いのか、ホビージャパン。だってこの小説、内容がないよう(←実はお気に入りの駄洒落)じゃないですか。
 基本、アルルの毒舌→ヘタレ主人公に精神的ダメージの繰り返しで成り立っている会話劇で、それだけです。まるで芸人のコントネタを見ているかのよう。確かに笑えるところもあるんだけど、面白さを微塵も感じずに自分の中で「へえ、そう」で終わってしまう部分も結構あって、終始上滑りしている印象があります。

 そして究極に致命的なのが各々の設定にまつわる寒さ。魔王の目的が自分の嫌いな野菜を世界から滅ぼすことであったり、ハゲでマッチョでオカマキャラな守護妖精がでてきたり、なんていうか、良くも悪くもいちいちくだらない。このくだらなさが良いという人もいるかもしれませんが、私はダメですね。

 もっと言ってしまうと、テンプレちっくなキャラクターやどこかクラシカルな雰囲気、ファンタジーの割に不明瞭な世界観、地の文での状況説明・情景描写の少なさ、ネロがいつアルルを好きになったのかがまったくもってわからない……etc. まあ、たくさんあるのですけれど、それを突っ込むのは野暮というもの。
 何故なら、本作はつまるところギャグマンガと同じ感覚で読む作品なのだから。ストーリーではなく1シーン、1シーンのギャグにこそ力を入れており、それこそが作品のカラーです。そこは見誤ってはいけないところです。
 現に、つまらないから読むのを止めようとは一度も思いませんでした。くだらないことやってんなー、という目線でキャラクターのリアクションを楽しむのが吉です。


私の感性には合わなかったものの、アリかナシかで問われれば、まあアリなんじゃない?みたいな(優柔不断
しかし金賞はないだろ、金賞は。


スポンサーサイト

Comment

 

こんにちは
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。






  • posted by タダ 
  • URL 
  • 2010.10/11 23:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析