積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

重松清 編著『百年読書会』

百年読書会 (朝日新書)百年読書会 (朝日新書)
重松 清

朝日新聞出版 2010-07-13
売り上げランキング : 697063

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
本を閉じたあともなんとも落ち着かず、胸の奥に一言ではうまく言えないものが残るからこそ、
そしてそれは十人十色だからこそ、僕たちは読後に誰かと感想を語り合いたくなるのかもしれません。

直木賞受賞作家の重松清が時代を超えて読み継がれる12の名作を選び、全国の読者が朝日新聞紙上で感想文を寄せあった。子どもと感想を競うお母さん、遠距離介護をしながら名作を読んだ人など、参加者は12歳から97歳まで、投稿総数は1万2814通におよんだ。『坊っちゃん』『斜陽』『あ・うん』『砂の器』などを身近な者たち同士で読みあい、見知らぬ人たちの間で感想を伝え合った、大読書会の記録が1冊に。


 重松清が毎月課題図書を設定し、読者がその作品を読んで書評を投稿する。思えば「百年読書会」は面白い企画でした。やろうやろうと考えていたものの、結局投稿することはなかったこのコーナー。終わってみれば、名作・文学小説を殆ど読まない私は、既読作品が宮沢賢治『銀河鉄道の夜』と夏目漱石『坊っちゃん』の2つのみで、紹介された本は殆どが触れたことないものばかりだったのですが、それでもこの読書会は毎週楽しみにしていました。
 本書で紹介されているものでは深沢七郎『楢山節考』あたりは読んでおきたいですね。人生の課題図書に加えておこう。

 インターネットが普及した昨今では、他人の感想は Amazon のレビューなり、ブクログなり、読書メーターなりで簡単にチェックすることが可能になりました。しかし、そういったことに明るくない世代の方も感想を多く寄せているので、一概にこうしてネットで目にする意見で代替できるとは言い難い。たとえば本書で紹介される98歳の“常連さん”の見方など、ひと味もふた味も違う深みが違うわけですよ。
 また、一方通行で終わる個人の“感想”とは異なり、実際に寄せられた多数の書評たちを重松清自らが選定、解体し再構築させ、多角的な視点を持ったひとつの書評として纏め上げられたことは、かなり大きいです。流れが綺麗なので非常に読みやすく、よくわかる。対象作品を読んでなくてもよくわかります(読め

 興味深かったのは向田邦子『あ・うん』の項。いつも思うのですが、男の人から見てカッコ良いと感じる“男”と女の人が惹かれる“男”って、どうにも食い違いがあるような気がします。
 少女マンガ『僕等がいた』に矢野と竹内というふたりの男子が出てくるのですけど、ヒロインの高橋は矢野のことが好きなんですよ。で、矢野も高橋が好きになって付き合うのだけど、この矢野がね、傍から見てると最悪なくらい自己中で自分勝手。色々複雑な事情を抱えてるのはわかる。でも、だからといってそれが矢野の行動を肯定することにはならないし、高橋を傷つけるのがわかっててもそういう行動を取るのは納得できない。
 で、一方の竹内は本当に良い人で優しいんですよ、これが。誰がどう考えたって高橋は竹内を選ぶべきだと思うじゃないですか。ですが、竹内派は圧倒的に男の人が多く、女の人に訊くと決まって矢野の方が好きと答える不思議。

――まあ。だから何だ、って話なんですけど、そうやって同じ作品を読んでもまったく相容れない意見を持つ人がいて。それをぶつけ合うことで自分だけでは到達できなかった解釈と出逢い、視野が広がっていく。それこそ、「読書会」の意義であり、最大の魅力なのではないでしょうか。お、上手くまとまった?


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析