積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

アガサ・クリスティ『アクロイド殺し』

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ クリスティー Agatha Christie

早川書房 2003-12
売り上げランキング : 5296

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★☆
どこから見ても愚か者じゃないですよ
ただ――恋に落ちた愚か者というだけです。

深夜の電話に駆けつけたシェパード医師が見たのは、村の名士アクロイド氏の変わり果てた姿。容疑者である氏の甥が行方をくらませ、事件は早くも迷宮入りの様相を呈し始めた。だが、村に越してきた変人が名探偵ポアロと判明し、局面は新たな展開を……。


「エルキュール・ポアロ」シリーズ 第4作。
 順番に読み進めているポアロもの、今回はかの有名な『アクロイド殺し』です。ミステリ史にその名を残す本作ですが、それ故にネタバレが多く出回ってしまっているのも事実。私自身も読んでもいないのに真相は知っていたクチで、そういった意味では純粋に驚かされることが叶わなかったのが残念でなりません。とはいえネタバレを知っているからこそでみる読み方もあるわけで。
 伏線に注視して読むように心掛けてみると、これが実に巧妙に書かれていることに気付かされます。

(というわけで以下、大いにネタバレる)


 叙述トリックの特性上、巧妙に隠しているのは当然なのですが、もっとすごいのがその部分が完全に隠れ切ってはいないこと(ここ、傍点付きで)
 真相を知った上で読んでみると、どこで犯行が行われたのかなどのキーとなるポイントが、一目瞭然に怪しいとわかるように書かれていることが驚くべきところでしょう。現に、最終章の指摘ナシの一読目でも充分に気付きます。一見、複雑な構成をしているにも関わらず読者に混乱をきたさないこの塩梅で書くのって、結構難しいですよね。

 構成的な面でいえば、真相の告発が行われる一歩前、関係者全員を呼び集めての“小さな集まり”が開かれた際にポアロがシェパード先生の“隠し事”を糾弾しますが、ここで先生の秘密を1度暴いたことによって読者は先生の抱える秘密がすべて暴露されたと思い込まされます。いわば著者による「先生は犯人圏外ですよ」というミスリードの念押しなわけで、そこまでしなくても良いんじゃないかと思うのですが、それでもさらに仕掛けてくるのがさすがはミステリの女王。

 で。常々語られてきたフェアアンフェア論争ですけれど、私はフェアを支持します。そもそもポアロものの長編前2作『スタイルズ荘の怪事件』 『ゴルフ場殺人事件』からして、そもそもヘイスティングズの手記なわけだし、そういった意味では『アクロイド殺し』だって手記でないとは言い切れない――というか、むしろ手記であると考えるのが当然とすらいえます。
 手記ならばある程度は自分に有利なように書いてあっても誰も咎められないし、本文中でも明言されているようにある事実が省かれているだけで“地の文に嘘を書いてはいけない”のルールには違反はしていない。加えてシェパード先生はポアロの見たこと聴いたこと、推理に必要な材料はすべて例の手記に載せているので、先入観を捨てれば読者にも犯人を絞り込むことは可能なハズです。そんな理由で断然、フェア。

 この語り手=犯人を実行するために4作目にしてポアロの相方を降りたヘイスティングズ(シンデレラと結婚して海外移住!)ですが、ポアロはしきりに彼のことを話題にするわ、代替者は犯人だったわで、ポアロの相方はやっぱり彼しかいないよなぁとヘイスティングズ株が急上昇。未登場ながらに本作においてその存在感はかなりのものだったりするのですが、そんなことは露知らずなところがヘイスティングズクオリティ。


ヘイスティングズ、カムバック!!
てな感じで、次作では復帰を果たしてくれるようです。
クリスティ史上最駄作と誉れ高い(?)『ビッグ4』、怖いような楽しみなような……。


スポンサーサイト

Comment

 

この作品は実際にあった事件が元ネタらしいです。

史実では犯人は見事、完全犯罪を達成しています。
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.07/26 13:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ブログ主さま
ごめんなさい。

「スタイルズ荘」のコメントを「アクロイド」にしてしまいました。

しかも二重投稿
申し訳ありません。
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.07/26 13:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

へえ、『スタイルズ荘の怪事件』って実話ベースだったんですね。知りませんでした。
未解決事件からあそこまで綺麗な謎解きミステリを作って、さらにロマンス要素も絡めたお話にしてしまうとは。
さすがは後のミステリの女王というべきでしょうか。

>二重投稿
こちらでひとつ消しておきますので、気にしなくて大丈夫ですよ。
  • posted by はろーすみす 
  • URL 
  • 2012.07/27 00:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アクロイド殺害事件」アガサ・クリスティ

クリスティの中で、これほど話題になった作品はない。 叙述トリックの名作を再読。ネタばれあり。    【送料無料】アクロイド殺害事件新版 [ アガサ・クリスティ ]価格:798円(税込、送料込) 田舎のキングズ・アボットで、富豪ロジャー・アクロイドがナイフで殺された…

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析