積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

またやってるよ、講談社(と西尾維新)……。

西尾維新の「化物語」シリーズ 最新刊『猫物語 (黒)』の発売に際して
色々と情報が解禁されたようで。


とりあえず今後の発売予定だけでも↓

2010年 初秋 『アニメ化物語 コンプリートガイドブック』
2010年 10月 『猫物語 (白)』
2010年 12月 『傾物語 まよいキョンシー』
2011年 03月 『花物語 するがデビル』
2011年 06月 『囮物語 なでこメデューサ』
2011年 09月 『鬼物語 しのぶタイム』
2011年 12月 『恋物語 ひたぎエンド』


……西尾維新、死ぬよ?
これに他シリーズ作品の執筆もあるのだから、
もうひとり大河ノベル状態。

というか公式のコメントの時点で『猫白』の10月発売は絶対ムリって断言してるし。
アニメ『化物語』に端を発したブームで
ノリにノってる西尾維新をプッシュしたいのはよくわかる。

でも、ほぼ3ヶ月間隔刊行で1年先まで出版予定を明記するって――。
講談社は有能な作家を潰す気なんですか?

どうせまた延期するのは確定的に明らか。
『ネコラジ』や『佰物語』『人間関係』のときも結局発売延期したじゃん。
『HOLiC ランドルト環エアロゾル』の文庫に関しては4月発売予定なのに未だに発売されず。
そんなんだったら最初から発売時期を明記しないでほしい。

決められた発売予定が延び延びになっていちばん落胆するのは、作品を楽しみに待っているファンなんですよ。
極夏もそれで怒らせたんでしょ?
なんでからないかなぁ、講談社は。



んで、西尾維新。
私はシリーズをどんどん続いていくのは良いことだと思うのですが、西尾維新のスタンスはそうじゃない。
人気作も長々と続けずに、きちんと終わらせようとします。

ただし、人気に押されてか必ずといって良いほどスピンオフが出る。
「戯言」でいうところの「零崎一賊」
「刀語」では「真庭語」
「化物語」に関しても、一度シリーズを〆るようなコメントしてませんでしたっけ?

それをこうもいつもひっくり返してくるのは、なんだかなぁという感じです。
恐らく「化物語」はスピンオフというカタチでの継続ではなく、正統続編なのでしょうが、ううむ……。



そういや『傷物語』もアニメ化するらしく。
仮にテレビ媒体だとすると、尺的に考えておそらく原作『傷物語』+αになりそう。
それともOVAか例の劇場版?

まぁシャフト×新房の糞アニメ『化物語』の続編なんてまったく見る気ないですけどね!
それをいったら原作『化物語』からして未だに上巻しか読んでいないので、
そもそもこのエントリー自体が無意味っちゃ無意味。いや、無関係?

曲がりなりにも西尾維新のファンなのに……。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析