積読本は積読け!!

300冊の積読本もなんのその、本や映画の感想などをつらつらと述べてみたり。

Entries

米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』(2008年以前の読書感想 補完)

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
米澤 穂信

東京創元社 2004-12-18
売り上げランキング : 24439

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆
小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?


「小市民」シリーズ 第1作。
本を読んでなければ過去の感想を補完すれば良いじゃない――ということで、およそ半年ぶりの読書感想・補完編。
果たして、このペースでアーカイブ内の作品コンプリートできるのだろうか……。

 さて。本作は日常の謎ものの連作短編集です。各章がそれぞれ独立した謎解き話にありながら、最終的にひとつの物語として収束させる構成となっており、まさに連作というべきつくりになってはいるのですが、実はこの流れに関してはあまり上手いとは思えませんでした。
 というのも、小出しにされた伏線を最終章で回収しているのではなく、この最終章を用意するために“ある事件”を敢えて解決させずにだらだら続けているような印象を受けるからです。そのため読んでいる最中はなんで解決していない謎があるのに次の章に進むの?といった感じで、どうにも消化不良でした。
 一方で個々の章に関しての謎解きは文句ナシに面白いです。さすがは、どちらが次に下車するのかを“日常の謎”にまで仕立て上げたシリーズの第1作。そこは安心して大丈夫です。

 小鳩君が小市民を目指すきっかけとなったエピソードは現実と探偵の相容れなさを存分に描いていて、ミステリ好きとしてはこの冒頭部分だけで既に大満足。どちらかといえば 謎解き>被害者心情 の古典ミステリ的探偵像へのアンチテーゼですよね。現代でも山口芳宏作品の探偵とか、間違いなくこう言われるタイプでしょう。
 うん。私自身も自分の謎解き欲(?)を満たすために動くタイプの探偵はあまり好きではないので、ちょっと溜飲の下がる思いでした。

                                                        (2008年以前の読書感想 補完)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はろーすみす

Author:はろーすみす
シリーズものも平気で数年寝かせる積読家。本格ミステリとスター・ウォーズ小説を中心に読み漁り、新刊・話題作はあまり追っていません。

好きなミステリ作家は古野まほろ、はやみねかおる、西尾維新、霧舎巧。
ジャンル外では築山桂と小川一水。
講談社ノベルスをこよなく愛す特ヲタ。

当ブログはリンクフリーです。
お気軽にどうぞ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ただいまの積読本

現在:456冊                        目指すは未踏の500冊! 最新の15冊を表示。                 冊数をクリックするとすべての積読本を見られます。

ブログ内検索

作家別作品アーカイブ

過去の読書記録はこちらから。 作家名が五十音順に、それぞれシリーズごとに見られます。

評価について

★☆☆☆☆ 破り捨てたい衝動に ★★☆☆☆ うーん。これはびみょ(ry       ★★★☆☆ 普通に面白いです ★★★★☆ 一読の価値アリ ★★★★★ 殿堂入り                ★×4以上は自信を持ってオススメ  ★×5はとりあえず読んでほしい傑作

2014年のベスト5

2014年に読んだ小説の       (暫定)ベスト5はこれ!!

2012年のベスト5

2012年に読んだ小説の        ベスト5はこれ!!

2011年のベスト5

2011年に読んだ小説の          ベスト5はこれ!!

1.トリプルプレイ助悪郎(2007年刊)   2.名探偵に薔薇を(1998年刊)             3.化物語(2006年刊)          4.時砂の王(2007年刊)                  5.天帝の愛でたまう孤島(2007年)

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アソシエイト

アクセス解析